FC2ブログ
hanataka222.jpg

雪の北岳へ  2021/3/31日

昨年の今頃にムジナ沢とヤジマナ沢の中間付近の尾根を登り浅草岳へと登りました。その尾根の右側に真っ白な長い雪庇の続く尾根が見え、なかなか面白そな尾根だと思い、今回その尾根と、さらに上部に聳える北岳方面に行く事にしました。



          左に浅草岳、右に北岳、中間の山は1452m峰
P1001999.jpg



浅草大橋付近に車を置いて登りますが、下の暴れ川の破間川には珍しい流氷が流れていて、数人のカメラマンが写真を撮っていました。



P1001848.jpg



P1001852.jpg



流氷解けて 春風吹いて
吹雪も晴れて
鶯鳴いて
雪解の水も麓に流れ
人の心に灯りがともる



前回に続き登山道は無く、杉林の中を登り尾根に取りつきます。



         振り返って 守門方面
P1001871.jpg



P1001886.jpg



P1001893.jpg



今日の天気予報は、晴れマークでしたが空はどんよりと曇っていて、今すぐにでも降って来そうな、生憎の天気でした。



P1001897.jpg



P1001902.jpg



流氷解けて 春風吹いて
山鳴り響き
踏み跡ひかる
尾根行く人も
孤独を楽しみ
今日も歩く只見の山ヨ



周りの山も見えなくなり、ホワイトアウトになる前に帰ろうかと思いつつ、何とか展望の良い1045m峰付近で早めの昼食にしました



P1001905.jpg



P1001906.jpg



P1001915.jpg



昼食をとりつつ待った甲斐があったようで、微かに青空の希望が湧いてきました、何とか元気を取り戻し、今日の目標の、大展望の大らかな峰の1252m峰に向かいました。



          振り返って登って来た尾根と守門方面
P1001920.jpg



P1001928.jpg



こんな狭い雪庇の尾根に、こんなに広い台地があるのが不思議なくらいの大らかな雪の台地でした。ここでテン泊なんて良さそうですが、その頃は藪の中かなー。



P1001934.jpg



          左に浅草岳
P1001935.jpg



P1001938.jpg



流氷解けて 春風吹いて
幸せ求め とぼとぼと歩く
梢の雪も静かに落ちて
光輝く只見の山よ



今日の目標 大らかな台地の1252m峰に着きました



P1001951.jpg



             そこからの北岳
P1001950.jpg



          そこからの浅草岳
P1001943.jpg



流氷解けて 春風吹いて
狭霧が湧いて
夏風吹けば
岩峰眺め 乙女百合
うつむき咲いて
幸せくれる
登るも楽し只見の山ヨ



夏にはヒメサユリ咲く、南岳から鬼ヶ面・北岳へ続く稜線も今は人を寄せ付けないような、厳しい尾根になっています



P1001960.jpg



P1001963.jpg



さて大らかな1252mの台地で存分に展望を楽しみました、北岳へは急登になりますから、今日はここまでとして守門や黒姫・浅草などを眺めながら、下山しました。



          守門・守門黒姫方面
P1001959.jpg



          浅草・北岳
P1001980.jpg



          上に北岳
P1001981.jpg



          右に越後白山・粟ヶ岳方面かな
P1001988.jpg



P1001987.jpg



P1001991.jpg



P1001993.jpg



久し振りにお目にかかりますが、後ろ姿で申し訳ありません。だいぶ歳を重ねましたが、まだ少しは元気に登山を楽しんで居ます。



P1001996.jpg



P1002001.jpg



P1002002.jpg



          左に浅草岳・右に北岳
P1002004.jpg



          守門を眺め今日の登山を終わりました
P1002005.jpg



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

行って来られましたね! 
前回右に見て歩いた尾根を「面白そうな尾根だから次に歩こう」と思う発想から違いますね。
私など、綺麗な尾根だなあと眺めるだけで終わってました。
誰も歩いてない登山道無き道を独り歩くインレッドさんに敬服します。
春になって雪解けが進んで雪崩れたりで、危険も多く歩きにくくなりますね。
くれぐれも注意されて楽しまれて下さいね。


No title

毎回 毎回人のあまり入らない良い山歩きをしていますね、さすがに
豪雪地帯の山は雪が多いようです。こんな景色を独り占めとは、
良い山旅でしたね。さすがです。

歌の文句に”只見”とあるので・・・

田子倉湖の近くの山でしょうか?
こちらの山は雪がグッと少なくなっていますが、越後や会津の方はまだまだたくさんの積雪ですね!?
歌詞は<ダ・カーポ 宗谷岬>のインレッドさんアレンジ版ですよね?

No title

orihimeさん、今晩は。
浅草岳へはたくさんの道があり春夏秋冬良い景色の山です。登山口もたくさんありますが、無い所から登っても良い景色が見られます。今回登ったさらに右にも良い尾根があり来年の今頃はその尾根を登って見ようと思っています。本日 雪山とorihimeさんが行かれた山で、雪割草・カタクリをたくさん見て来ました。特に雪割草はたくさん咲いていて色も鮮やかで綺麗でした。またコシノコバイモも久し振りでたくさん見て来ました。

No title

noriさん、今晩は。
今日も登山道の無い山を藪漕ぎをしながら登って来ました。おまけに
雪割草もたくさん見て来ましたが、そろそろ雪山はお終いかと思うと
少し寂しい気もしました。

No title

宮星さん、今晩は。

そうです 田子倉のすぐそばの山です。川で流氷なんて珍しいですね。歌は ダ・カーポさんの歌も好きですが、歌は心で の塩谷町出身の偉大な作曲家さんが歌う 宗谷岬が私は好きです。あの方の曲を聴くといつも故郷の風景を想い出します。

No title

相変わらず、雪山ですね、しかも登山道の無い道とは 凄い登山ばかりで
とても歳には見えません。  流氷も見られる川なんて本当に珍しいですね
歌も好きな歌です。

No title

こんにちは。
この尾根は僕も以前から気になっていた尾根で、4月2日に歩きました。
トレースが付いていた事に驚いたのですが、まさかインレッドさんの足跡だとは・・・
今年は高温が続き、鬼ガ面岩壁の雪が落ちてしまったのが残念でしたが、楽しい登山になりました。
最近の気候変動で、季節の移ろいがどんどん前倒しになっている感じがしますね。

No title

花の時期でも楽々行けた山ではないので
雪の時期はやっぱり手も足も出ません。
相変わらず厳しい山歩きが続きますね。
流氷が見られるなんて面白いです。

No title

hanaさん、今晩は。
もう少し天気が良ければ、もっともっと素晴らしい景色が見られたのですが
残念でした、それでも珍しい流氷なんて見られたので良かったと思っています
次にまたこの尾根の隣の尾根を登って見ようと思います。

No title

ほせ さん、今晩は。
同じコースを登ったのですか、驚きました。
北岳から鬼ヶ面方面まで行って来たのですか、さすがですね。
次は大割山もと思っていますが、来年になるかなー。

No title

nousagiさん、今晩は。
ここはヒメサユリの頃も良いですが、紅葉も雪山もなかなか良い山です
またテン泊でも如何ですか、登山口はたくさんありますから、是非登って
見て下さい。
プロフィール

インレッド

Author:インレッド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター