FC2ブログ
hanataka222.jpg

久し振りに赤沢山に 2021/3/11日

仕事やその他のことでちょっと疲れ気味のため、近くの山にと思い、久し振りに赤沢山に行くことにしましたが・・・。


          湯檜曽川から谷川方面
P1001828.jpg



例によって谷川の土合付近には車を置く所が無く、登山口(登山道などはありませが)付近の土合駅よりズーッと下に置き、そこから地図を頼に登り始めました。



          諏訪峡付近より今日の谷川
P1001808.jpg



赤沢山は一般の登山者には余り登られていない山で、一部の山ヤさんには多少は登られている山です。山頂からの展望はその時の雪の量によって大きく違い、積雪があまりない時は周りは木に覆われて殆ど展望は無く、たくさん積もっている時は谷川の眺めが良い山です、さらに山頂から奥に行くと、雪庇の続く面白い山になります。



           登り始め
P1001809.jpg



今までにこの山には3度ほど登ったことがあります。その3度の登山もたくさんの想い出があります。最初は初めてガーミン社のGPSを持ってその地図を頼りに登りましたが、当時のGPSは25000分の1の地図を分度器のような定規で緯度と経度を自分で測ってル-トを作りました。受信性能も悪く(アメリカの衛星だけしか利用でき無かったため)谷や林の下では電波を受信することが出来ず、殆ど使い物にはなりませんでした。その時は何とか山頂に着きましたが展望はありませんでした。




           途中より高倉山あたりかなー
P1001810.jpg



2度目に登った時は下の沢付近で大きな熊さんと間近で出会ってしまい暫く睨めっこをしていたら、熊さんが逃げて行きました。案外雪の多い時で山頂から更に先へ行き、雪庇を幾つも越えて白毛門の稜線が見える辺りまで行き引き返しました。3度目は雪の無い時でしたが、猛烈な藪漕ぎになり、石楠花の密生地は殆ど足が地に着かず途中で敗退しました。



          途中より谷川の湯蔵山方面
P1001811.jpg



今日は先ずJRの線路を横切り、フェンスを乗り越えて急斜面に取りつきました。所がかなりの急斜面で既にザイルとピッケルを使い、急斜面にピッケルを差しずり落ちないように1歩1歩とピッケルとザイルを頼りに腰を低くして登りました。たった200mか300m位を登っただけで1時間半もかかってしまい、やっとのことで11時半ころに登山口の尾根付近の沢に着きました。



          この沢を越え尾根を登ります(熊に出会ったところがこの沢でした)
P1001813.jpg



対面の尾根を登り始めましたが、こちらも急斜面で、今日はこの分で登ると、山頂に着くのは夜になってしまいそうで、おまけにかなり足が疲労して来ました。その為今日はここ迄で諦め、下の湯檜曽川付近のトレッキングに変更しました。



P1001815.jpg



春から夏にかけてはケショウヤナギのユビソ柳が美しい道も、今頃は深い雪の道です。



P1001819.jpg



P1001820.jpg



林間から奥の方に 大源太みたいに尖がった山が見えて来ましたが、あれは茂倉山かなー??



P1001823.jpg



P1001825.jpg



P1001827.jpg




東屋がありますが、その少し先に行くとマチガ沢出会い付近に行くことが出来ます



P1001830.jpg



          マチガ沢への登り
P1001831.jpg



マチガ沢への出会い付近からは、雪が多くなり急斜面は、やはりピッケルが必要な斜面が多くなってきました。そのあたりからはハイキング気分では登れない尾根になりました。



P1001832.jpg



P1001834.jpg



湯檜曽川の右にゼニイレ沢とその上に白毛門あたりが見えるようになって来ました、あのゼニイレ沢の対面が一ノ倉沢になりますから、もう直ぐに一ノ倉出会い付近です。



         ゼニイレ沢と白毛門方面
P1001837.jpg



ゼニイレ沢とは珍しい名前ですね、一ノ倉の山頂から賽銭を投げて祈ると、その賽銭が対面のゼニイレ沢まで落ちるから と言われています。そのゼニイレ沢に一度だけ登ったことがあります。群馬の山でも急登の白毛門への一直線の登りですから、かなりの急斜面の沢です、数百メートルも続くナメた沢はちょっとでも滑ったら命はありません。私は怖くなって早々に降りました。



          その時の画像
p11110.jpg



          その時の画像
p11220.jpg



ゼニイレ沢付近から左の尾根に取りつき、何とか一ノ倉沢の出会い付近の下の方の沢に付きました。



          上部に蓬峠方面の山
P1001838.jpg



一ノ倉出会いの岩陵が見えるようになりましたが、この辺りで午後4時になってしまいました。急斜面は陽のあるうちに降りないとちょっと危険な所もあるので、ここまでにして下山しました。その内に湯檜曽川トレッキングはもう一度歩いて見ようかと思う道でした。



P1001842.jpg




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

同じ山でも・・・

4度目の登山でも途中までしか行けないなんて!・・・雪の状態によって全く違う山になってしまうんですね!?
これが自然の怖さでもあり、面白さでもあるのでしょうね?
しかし、以前、大きな熊に出会われたその場所に行かれるなんて!・・・インレッドさんはとても勇者ですね~!!

No title

谷川はやはり雪が多いですね、途中で下山してすぐにトレッキングに変更
とは山を知り尽くしているから出来ることですね、それにしてもゼニイレ沢
のナメは怖いですね。こんな所を登るなんて命が幾つあっても足りない
かな。

No title

この日は気持ち良く晴れ渡って絶好の山日和りでしたね。
週末のブログアップが無かったので少々心配してましたが、お元気で良かった!安心しました。
お疲れ気味とはいえなかなか大変な、山を知り尽くした方でないと歩けない山域ですね。

10数年前の湯檜曾川スノーハイク、とても気持ち良かったです。
懐かしく思い出したので、機会を作ってまたのんびり楽しみたいと思います。




No title

宮星さん、こんにちは。
今回は雪の量も多かったのですが、それよりも大変厄介な所から登ってしまい、その為最初からかなりの悪戦苦闘を強いられてしまいました。昼近くになってもまだ2・300mくらいしか登れなったので、あきらめて楽な道を歩きましたが結構良い所でしたので、またその内に行って見ようと思いました。

No title

noriさん、こんにちは。
ゼニイレ沢は8月でしたが途中に雪のブロックがあったり大雨で流さ
れた倒木があったりして大変でした、上部に行くとナメた沢からサラサ
ラと水が流れていて綺麗でしたが、つかむ所が無い所は怖くて、途中
であきらめ下山しました。

No title

orihimeさん、今晩を
今回は赤沢から更に先まで行き、いくつもの雪庇を楽しもうと思ったのですが、登山口を厄介な所を選んでしまい悪戦苦闘してしまいました。夏に良く行く東黒沢を上り詰めると、白毛門への登りのウツボギ沢付近の上部出ます。雪がたくさんある時は中々良い所なのですが、今回は登山口を選ぶのを間違えました。湯檜曽川も雪が多かったので中々良い所でした。

No title

熊さんに出会ったり、藪漕ぎだったりする大変な山なのですね
その代わり湯檜曽川のトレッキングは楽しそうですね。

No title

ここは最初から急登ですからちょっと大変な山です、登山者も殆ど居ない山なので踏み跡などもありません。その代わり雪が多い時は谷川の眺めが良い山になります。上部に行くと、良く夏に沢登をする東黒沢の源頭あたりに着きます、そこを降りて行けば宝川温泉の上の方に降りられます。

No title

孤独な登山ですね。
こんなところで暗くなってしまったら大変。
4時では下山にかかるには遅いくらいですよね。(^^;)

No title

nousagiさん、お早うございます。
手前のマチガ沢出会い付近まで降りれば暗くなっても大丈夫と思って
いましたので、それ程急がずに歩いていました。一応ヘッドランプも持
っていますので安心でしたよ。それよりも登山口を下の方から登ったの
が間違いでした。
プロフィール

インレッド

Author:インレッド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター