FC2ブログ
hanataka222.jpg

南魚沼市の要害山  2021/2/13日

要害山と言われる山は全国にたくさんあります。ここの要害山には2年ほど前にも登りましたが、冬に登ったという記録はネットで調べて見ても殆どありません。登山道はあるのか 無いのかも解りませんが、丸い真っ白な山頂から360度の展望はなかなか良いものでした。今回は雪がたっぷりとあるので、前回と違う所から登って見ました。



          越後駒ヶ岳方面
P1001742.jpg




前回は茗荷谷から幾つかピークを越えて登りましたが。今回は君帰の桐沢から登りました。登山口はあるのか 無いのか解りませんが一応ルートはスマホに入れてあります。最初に部落のはずれにある君帰観音あたりから歩き始めました。



          君帰観音に片手拝みで無事を祈りました
P1001744.jpg



鳥居が半分ほど埋まっている君帰観音には、昔義経主従が奥州に流れる途中に、ここに立ち寄り数日過ごしたそうです。家来たちが君様 君様と呼び、帰る時に背負っていた笈仏を背負うと思っても持ち上げられず、仕方が無くここに置いて行った観音様が、また主従がここに戻れるように、奉った観音様で、村の名前も君帰になったと伝えらています。



          最初は沢沿いに登りました
P1001648.jpg



P1001649.jpg



P1001655.jpg



雪崩れそうな谷を急ぎ通過して鬱蒼とした杉林を登ります



P1001654.jpg



P1001678.jpg



P1001679.jpg



鬱蒼とした杉林の急登をこ1時間ほど登ったら、思わずひょっこりと稜線の尾根に出て真っ白な山並みの大展望になって来ました。



          上・下権現堂山
P1001680.jpg



真っ白い尾根は誰の踏み跡もなく、自分の足跡を付けてしまうのが申し訳ないような、気がする登りになりました。



P1001685.jpg



            大力山方面と奥は日本海かな??
P1001686.jpg



こんな大らかな白い尾根を歩いている時が、雪山の一番楽しい時間です。



P1001690.jpg



P1001691.jpg



P1001692.jpg



澄んだ空気を体いっぱいに吸い込み、近くになったような青い空と、周りの山並みに白い田園風景と美しい眺めを楽しみ登りました。



P1001694.jpg



P1001695.jpg



           ヨモギ山と奥に笠倉山
P1001698.jpg



           米山と苅羽黒姫あたりかなー  そうすると奥はやはり日本海
P1001699.jpg



要害山山頂が近くになって来ました。前回は反対側の尾根から登りましたが直下は細いナイフリッジになり怖い思いをして登りました。今回はどうでしょうか??



P1001702.jpg



ここは城のあった所ですから山頂直下には大きな掘割があり、掘り跡に降りて急な斜面を登りますが、今回は大雪のせいでその堀も雪に埋もれ、それ程急にはなっていず、楽に丸くて真っ白な山頂に着きました。



          要害山山頂
P1001705.jpg



          越後駒ヶ岳・中ノ岳
P1001704.jpg



          ヨモギ山方面
P1001706.jpg



          笠倉山方面
P1001707.jpg



          登って来た尾根
P1001708.jpg



季節を間違えたような暖かい空気の下
吸い込まれそうな青い空と
真っ白に連なる山々や
麓の民家の屋根や川筋が
光ながら流れる風景を眺め
ここは 勿論 越後三山を眺め
美味しい食事にしました。



          米山・苅羽黒姫と日本海方面
P1001711.jpg



          大力山
P1001722.jpg



         越駒
P1001716.jpg



          八海山
P1001717.jpg



こんな風景を見るとつい鳥になったような気分で、SAILINGなどの軽やかな曲が想い出されます
i am flying, i am flying
like a bird cross the sky
i am flying passing high clouds
to be near you to be free



P1001724.jpg



P1001725.jpg



それこそ鳥になって、大空から山々を眺めるような気持になり、あちこちと滑空しながら下山しました。




P1001729.jpg



P1001730.jpg



P1001731.jpg



今回も前回に続き良い天気に恵まれ、楽しい雪山登山でしたが、雪国のトンネルを越えて、関東平野に入ると、春霞になったようなおぼろな景色になっていました。



P1001739.jpg





アクセスカウンター

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

今回も・・・

動物の足跡があるかないかの真っ白なルート!
気持ちよさそう!・・・ですが、キツそう!?(^o^;;;
私の体力では無理なので、インレッドさんのおみ足と写真で楽しませて頂きました!
いつもスバラシイ山紀行をありがとうございます!

No title

越後三山の良い眺めの山ですね。それにしても誰も居ないと言うのが
又良いですね。こんな眺めの良い山ならばこちらでは結構多くの登山
者で賑わうのですが、静かで最高のようです。

sailing

インレッドさん
相変わらずお元気そうで何よりです。ご無沙汰してます。
文中のsailingですが小生はいつもRod Stewartの歌で聴いています。はじめは嵐の海を航海するので人生の苦労を思わせますが、次に鳥のように高い空を飛んでゆくので、こちらの雪山のように自由でどこまでものびのびした精神が感じられます。
当方は緊急事態宣言中なので裏山で散歩して時間を潰していますが、この歌のように神に近づいてゆけるのでしょうか。

素敵ですね

インレッドさん、お疲れ様でした。
一人の静かな山は良いですね。
眺めもよいですね!
インレッドさんから教えてもらった三峰山も今年は雪多いですよ。
春のお花も咲いてきましたが、あと少しの雪山楽しみたいですね( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

No title

宮星さん、お早うございます。
ここはすぐ下にスキー場があるので、リフトに載せてもらえれば1時間ほどで登れる山なのですが、例によって登山者はリフトに乗せてくれません、それ程混むようなスキー場では無く、ただ空気を運んでいるだけのリフトなのですが、こう言うスキー場が結構多いんですよ。帰りはゲレンデは降りないと言っても、ダメなんです。まあその分静かな登山が出来る訳なので良いのですが・・。

No title

noriさん、お早うございます。
ここは登山道があるのか無いのかわからない山で、そのうえちょっと
深い森の中を登ったり、沢沿いの雪崩れそうな所を登るのためなのか
、いつも登山者は居ません、その分この大展望を満喫できる訳で良いせすね。

No title

六右衛門さんお早うございます。お元気でしたか。
私もこの歌は大好きでスマホにも入れてあります、勿論Rod Stewartの歌です、
2週間ほど新潟も週末は天気が良くて、雪山を楽しんで居ます。こんな誰の
踏み跡もない真っ白な尾根を歩くのは、本当に楽しいですね、高崎の牧野酒造の
「大盃」の味はいかがでしたか。この山のすぐ下にも清酒八海山の大きな売店が
ありますよ。

No title

るたん さん、お早うございます。
ここのところアップが無いので仕事が忙しいのだろうと思っていましたが、やっぱりそうでしたか。今回は三峰あたりも白馬あたりも良い天気のようだったので、そちらも候補でしたが、こちらになってしまいました。まあこんな誰の踏み跡も無い真っ白い尾根を歩くのも楽しいですね、加藤文太郎の孤高の人は何度も読み返し、彼の亡くなった橋のたもとも歩いたりしましたよ。

No title

今回もまた素晴らしい雪の山ですね、誰の踏み跡も無い、こんな尾根を
歩くのは気持ちの良いものでしょうね。本当に空を飛んでいるような気分
になるのも解るような気がします。
今回も素晴らしい雪山を眺め私もすっきりしました。

No title

毎回、新天地を求め、踏み跡の無い真っ白な尾根にご自身の足跡を残す雪山歩きで素晴らしいですね!
新雪で丸くたおやかな稜線から、越後三山はじめ上越の大展望独り占め、
そしてあちこち滑空しながらの下山とは、なんとまあ贅沢なことでしょう!
私も鳥になった気分で空想の世界で遊ばせて頂きました。
晴天に恵まれた雪山は気分爽快ですね。

No title

hanaさん、今晩は。
この日は特に天気が良くて、山も麓の眺めも良かったです。こんな
フカフカの尾根を歩くのは大変気持ちの良いものです。こんな日の
雪山は素晴らしいですね。

No title

orihimeさん、今晩は。
この日は暖かくて快晴で気持ちの良い稜線歩きができました。
こんな日の雪山は本当に良いですね。周りの山々の眺めも
田園風景も良い眺めで、大空を自由に飛び回る鳥のような気分でした。

No title

腰くらいの積雪のところでスノーシューではまってしまい
なかなか出られなかったことがありました。
誰も通っていない雪原を歩くというのは、
とても気持ちのいいものだと思うのですが
ズボッとハマったら、そのまま埋まってしまいそうです。
場所によって、そんなことはないですか。(^^;)

No title

nousagiさん、今晩は。
新雪が1m近く積もっていると、スノーシューを履いて居ても膝上辺りまで埋まりますが、そんな時は膝を前へ曲げて雪を押しつぶしながら歩きますからかなり疲れます。時々はスノーシューを上げることが出来ず、雪を掘って先端をつかみ上げたりします。この日は一度だけそんなことがありましたが、後は大丈夫でした。まあそれでも誰の踏み跡も無い尾根を歩くのは気持ちの良いものです。
プロフィール

インレッド

Author:インレッド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター