FC2ブログ
hanataka222.jpg

魚沼堀之内御嶽山  2021/2/6日

週末は毎週のように雪マークの新潟でしたが、今日は暖かな晴れの日のようです。昨年の今頃に魚沼平野の雪景色と、越後三山などの真っ白い雪山を眺めようと出かけましたが、国境の長いトンネルを越えても雪は殆ど無く、ただ雪の無い麓の風景を眺めただけで帰りました。



IMG_4298.jpg



今年は大雪が降り、どこの道路の両脇も高い雪の壁になっていて、今日は堀之内の月岡公園から登りましたが、除雪最終地点の雪の壁を登ることから今日の登山は始まりました。



IMG_4229.jpg



ここは人気の山ですが、こちらからは登る人は全く居ないようで、最初から膝くらいまでのラッセルになり、今日は低山ですが辛い登山になりそうな予感がしました。



IMG_4236.jpg



IMG_4245.jpg



IMG_4247.jpg



きついラセルが続き、何とか雪の尾根に出ました。ここからは周りの雪景色を眺めラッセルしながらですが楽しい稜線漫歩になりました。



IMG_4248.jpg



IMG_4249.jpg



IMG_4252.jpg



これぞ雪景色と思われる、魚沼平野や上下権現堂山・越後三山・大好きな大力山などを眺めながらの登山は、思っていた通りの素晴らしい雪景色でした。



IMG_4257.jpg



IMG_4258.jpg



IMG_4260.jpg



獣の足跡しか無い尾根歩きですが、この先にはちょっと怖い雪の壁を登ったり、ナイフリッジの尾根が待っているようです。



IMG_4263.jpg



怖い急斜面のトラバースがあったり、雪の絶壁を登ったりする、写真を撮る余裕などは無い尾根歩きもありました。



IMG_4265.jpg



IMG_4268.jpg



ザイルを持って来なかったことを悔やみながら、木々に捕まり、固そうな雪に捕まり、雪を掘って何とか登り上げました。その先には素晴らしい雪景色が広がっていましたが。しかしこの記事を読んで、月岡公園方面から雪のある時期には登ろうと思う方は止した方が賢明かと思います。



IMG_4269.jpg



その雪の壁を越えたらまたまた雪山の醍醐味を感じる素晴らしい丸いピークに着きました。



IMG_4272.jpg



IMG_4273.jpg



          中ノ岳・八海山方面
IMG_4276.jpg



          駒ケ岳・中のノ岳方面
IMG_4277.jpg



         下・上権現堂山・唐松山方面
IMG_4278.jpg



またまた尾根が切れ落ちた登山道になりました



IMG_4280.jpg


IMG_4281.jpg



帰りにはこの尾根を降りるのは止そうと思いながら辛うじて突破



         振り返って
IMG_4284.jpg



登り上げると、またまた素晴らしい展望になって来ました。



IMG_4286.jpg



            八海山・中ノ岳
IMG_4288.jpg



IMG_4289.jpg



さて長いラッセルが続きましたが、この尾根を越えれば、下の六花園方面から多くの登山者が登って来て、ラッセルの
苦労は無くなると思います。



IMG_4292.jpg



IMG_4293.jpg



          六花園からの道に出会いました
IMG_4295.jpg



ここからは山頂へは、しっかりと踏み跡があり少し楽な尾根歩きになって来ました



IMG_4296.jpg



IMG_4297.jpg



IMG_4300.jpg



御嶽山直前の登山道は快適な、魚沼平野の眺めと、越後三山を眺める尾根歩きになりました。



IMG_4305.jpg



IMG_4306.jpg



          御嶽山 山頂
IMG_4308.jpg



ここから更に先へは 馬の背や電波塔方面の道も展望が良いので、さらに先へと歩きます。



IMG_4310.jpg



         振り返って御嶽山方面
IMG_4311.jpg



         途中の尾根より駒ヶ岳方面
IMG_4312.jpg



IMG_4314.jpg



          振り返って登って来た山頂方面
IMG_4316.jpg



先の尾根の最先端で越後三山などを眺め食事にしようと思います。



IMG_4318.jpg



IMG_4320.jpg



春のような暖かな尾根の先端で、私の大好きな大力山などを眺め、幸せの食事にしました。



IMG_4321.jpg



食事後は更にアンテナの立つ辺りまで、行こうと少し歩き始めましたが、ラッセルの疲れが出て足が攣って来たので、ここまでで下山することにしました。



         アンテナのある尾根方位面
IMG_4323.jpg



IMG_4325.jpg



          下山の道
IMG_4326.jpg



          六花園方面の道
IMG_4327.jpg



久し振りの新潟の山でしたが、雪のある頃は本当に素晴らしい山歩きになり、晴れやかな気分で下山しました。
今回のルートは地理院地図に名前が載っていないような300m位の低山の尾根ですが、登った月岡公園からのコースは、それこそアルプスや八ヶ岳と変わらないくらいで危険な所もたくさんありました。



IMG_4328.jpg






アクセスカウンター

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おぉ!踏み跡が全くない・・・

こんな山の雪景色は見たことがありません!
新雪をラッセルで登り切れる方でないと出会えないシーンですね!?
今回も大変な山歩きになったようですが、ちゃんと目的のピークまで行けて良かったですね!
しかもお天気も景色も最高で!!
文字通りのナイフリッジの所がありましたが、下山時も?
ご無事で何よりでしたぁ!!

No title

この日はこちらも良い天気で案外暖かな日でした。しかし低山とはいえ
新潟の山は怖くてその上素晴らしい眺めで、雪国の風景は良いですね
今年は雪がたっぷりで、暫く楽しめそうですね。

No title

ウワッ凄い雪国の景色ですね。怖い所もたくさんあるようで
低山でもさすがに雪国の山は違いますね。心がすっきりと
しました。

No title

宮星さん、お早うございます。

久し振りの新潟の山でしたが、幸い天気に恵まれ、良い登山が出来ました。
ここは違う登山口から登れば、市民の山 と言った感じで、ハイキング気分で
登れる山ですが、今回のコースは積雪期はかなり怖いコースのため登る人は
居ないようです。帰りはその楽な方に降りたので大丈夫でしたが、上の方で
1mくらい右が急に雪崩でドッサー大きな音を立てて崩れちょっと怖かったです。

No title

noriさん、お早うございます。
この日は本当に春のような陽気で、青い空と白い山並みに心身とも
現れるような気がしました。雪山も晴れて穏やかな日ならば最高に
楽しいですね。

No title

hanaさん、お早うございます。
この日のようにすっきりと晴れて、青い空に真っ白な山並みは
本当に心身共に洗われたようで、久し振りの新潟のやまでしたが
楽しい時間でした。

No title

低山とは言っても、口笛吹きながらのんびり、とは
ちょっと違いましたね。
ラッセルだけでもキツイですが、けっこう危険なところもあって
確かにお勧めされたくないルートですね。(^^;)
でも空中散歩のような画像は魅力的です。

No title

今年の新潟は、雪たっぷり過ぎる程たっぷり!
昨年とは全く違う雪景色で綺麗ですね。
人の入らない長く大変なラッセルの登山道を、いつも選んで歩かれる
インレッドさんの挑戦魂素晴らしいです。

今年も大力山や権現堂山を歩きたいと思ってますが、余りの雪の多さに
私に歩けるかどうか不安になっています。

No title

nousagiさん、今晩は。
低山でも危険な所はいっぱいありましたが、誰の踏み跡もない雪の
尾根を歩くのは天気も良くて、青い空の下真っ白な丸い尾根歩きは
大変楽しかったです。六花園から登れば簡単ですから是非登って
みて下さい。

No title

orihimeさん、今晩は。
ここは六花園から登ればハイキング程度で登れます。
今年は雪は多いので、大力山ならば黒禿まで行かないて、雪の
天空回廊を歩けば充分かと思います、下権現堂山はこの時期は
上部は雪の中を泳ぐようにして登らないと山頂には届きませんから、
もう少経って3月過ぎ位からが良いと思います。

月岡公園から

お久し振りです
あこから登ったんですか!?。。私も怖いので冬は歩いたことがありません。😁

堀之内御嶽山は魚沼の名峰、とくに三山の展望が素晴らしい里山ですよね。これからも冬の越後を堪能してください。(^^)

No title

アサレンさん、今晩は。

こちらこそご無沙汰しています・。やはり山レコより通常のブログが見やす
くて、私は好きです。ここは2度目でしたが、今回は天気も良く、大変楽しい
登山になりました。ここは本当に良いですね。実は今日も新潟の山を楽し
みました。やはり良い天気だったので楽しかったです。
プロフィール

インレッド

Author:インレッド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター