FC2ブログ
kinpu2323.jpg

紅葉始めの鍋倉山  2020/10/11日。

台風の影響で関東地方は雨模様、日本海側は晴れ間もありそうなので、以前は毎年のように登っていた信越トレイルの鍋倉山に行き、久し振りに、鍋倉山の森の王「森太郎」に会って来ようと思います。



          今年の黄葉始め
PA110053.jpg



          関田峠の登山口
PA110007.jpg



PA110009.jpg



とは言え、こちらも雨がありそうなので傘をザックに入れて、まだ黄葉にはj若干早そうですが、以前には2度ほど傘を差しながら歩いたことがあり、その時の雨に煙る紅葉も幽玄で中々良い風景でした。



          その時の雨の紅葉風景
nabe111.jpg



nabe222.jpg



シベリア颪が日本海を吹きわたり数mも雪が積り、何年も何年もその雪に耐えてきた、曲がりくねったブナの木は龍のように曲がって黄葉しています。



PA110027.jpg



PA110016.jpg



PA110024.jpg



信越トレイルにはたくさんの峠があります

日照りや洪水で年貢が納められず
女衒に連れられ
伏野峠・須川峠を越えて行った
まだ幼い少女たち
やがて旅籠で「飯盛女」となり
世間の人にはさげすまれ
二十歳も過ぎない内に病気になり
2度と故郷に帰れなかった
観音様のような女たち



PA110017.jpg



PA110028.jpg



PA110030.jpg



信濃や上州に、
つわもの達を引き連れて
何度も何度も
野々海峠や深野峠を越えて行った
上杉謙信たちの越えた峠



PA110036.jpg



PA110041.jpg



PA110042.jpg



涙で親と別れきて
先導者に連れられて
お互い肩に手を置いて
見えない足を引きずって
関田峠や筒方峠を越えて行った
門付け歌や説教節
麓の人には喜ばれた
高田ゴゼさんの越えた峠



PA110046.jpg



PA110048.jpg



PA110050.jpg



峠とは
来し方と、これから行く道の安全を
手を合わせて祈るところ
「手向け」が峠 私もいくつもの
峠を越えて来て
まだ まだ多くの峠を
越えて行かなければ
彼岸に行くことが出来ません



PA110054.jpg



PA110055.jpg



PA110072.jpg



黒倉山に着きました。もうすぐで鍋倉山に着きますが、ここからが一番今回は黄葉が綺麗でした。



PA110073.jpg



PA110083.jpg



PA110085.jpg



朝方は雲っていましたが、晴れ男の面目躍如で、青空の下、照り映える紅葉の下の歩きになりました。



PA110086.jpg



PA110089.jpg



PA110091.jpg



          鍋倉山 山頂 展望は後ろの方にほんのちょっとだけ妙高方面が眺められるだけです
PA110093.jpg



いつもの様に陽だまりで汗で濡れた背中を陽にあて、後は下りだけですから、ゆっくりと食事にして、森太郎に会いに巨木の谷へ降ります。



PA110097.jpg



PA110098.jpg



PA110103.jpg



小一時間ほど尾根のトラバースになり、まだ萌黄色や黄緑色のグラデーションを楽しんで歩いていたら、下の方に白い肌をした「森太郎」が見えて来ました。



PA110131.jpg



周りを圧倒して悠然と立っています、ブナの木の寿命は、およそ400年と言われています、森太郎も今はその400年を越えようとしています。この山で400年もの冬を越し、夏の雨をイッパイ貯えて来ました。もう残り少ない残照を眺める歳になりました。



PA110133.jpg



近くに寄って全容を撮って見たいのですが、あまりにも大きくて撮ることが出来ません、仕方がないので、あまり良い画像にはなりませんが、コンデジで縦のパノラマにして撮って見ました。



P1000780.jpg



森太郎のそばには「森姫」も住んでいました、一緒になって励ましあい生きて来ましたが、森姫はもう力が尽き、その体には茸が生え、キツツキが巣をつくり、今はもう静かに土に自然に帰ろうとしています。



          帰りの道の黄葉
P1000782.jpg



P1000784.jpg





アクセスカウンター

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ブナの黄葉も綺麗ですね!

カエデの華やかな紅葉も素敵ですが、ブナの落ち着いた感じの黄葉もいい雰囲気です!
幹の曲がり方が尋常ではありませんね!
インレッドさんの”峠の語り”の内容そのものといった感じがします。
今年も「森太郎」は元気そうですね!?
「森姫」は力尽きてしまいましたか・・・
うちの夫婦の状況みたいで涙が・・・(^o^;;;

No title

文章も画像も何故かシットリとして、胸に迫って来ます
さすがにインレッドさんのブログは一流だと思いました。
近いうち私も行って見ようかな。

No title

インレッド様 こんばんは。
信越トレイルは素敵なコースのようですね。
資料を取り寄せて楽しみたいと思いましたが・・・
インレッドさんの素敵な黄葉の画像が美しくて、私の足でゆっくり
歩いてみましょうか、と想像しながら付いて行きましょう??。
大好きな「道の駅花の駅千曲川」から見ます山々を思い感慨ですね。

ありがとうございます。

下旬新潟県2ケ所の道の駅訪問後、高崎~小田原間乗り鉄です。


No title

宮星さん、 お早うございます。
真っ赤かの紅葉も良いですが、こんな風なグラデーションのある
紅葉の風景もなかなか良いですね、今回は傘を差して歩ける
紅葉の山と思っていましたが、傘を差さずに歩けました。

No title

noriさん お早うございます。
この日は朝方は曇り空でいまにも降りそうな天気でした。まだ黄葉の
盛りにはちょっと早めでしたが、こんなグラデーションのある黄葉も
風情があって良いものでした。今週末くらいからが見頃と思います。

No title

たかちゃん さん、お早うございます。
関田峠からならば たかちゃん さんでも楽に登れます。山頂までも
それ程急登はありませんが、きつければ途中までで下山しても良いと
思います。巨木の谷 へはちょっときついかもしれません、

No title

黄葉のグラデーションのブナ林、綺麗で素敵ですね~
この信越トレイルは、数回細切れで歩いているのですが、
何故か巨木の谷に行ってません。
400年以上の冬を越し悠然と立つ森太郎さんに会いたくなりました。 

染まり始めのグラデーション紅葉が私は好きですよ。
まだ先があるのですから。。。
染まりきってしまったら後は散るだけですから・・・
朝のうちは曇り空だったのが信じられないくらいに
眩しいほどに黄葉が輝いていますね。
とても綺麗です。
さすが晴れ男さんですね!
これから低山、里山に下りてくる紅葉。
今年の染まり具合はどうでしょうね〜

No title

黄緑色に萌黄色のグラデーションは本当にしっとりとしていて、静か
な美しさですね。森太郎も本当に周りを圧倒した大きなブナの木ですね
鍋倉山は知りませんでしたが、良い紅葉の山ですね。

No title

orihimeさん、今晩は
信越トレイルの山ではやはりこの鍋倉山が春夏秋冬一番良い山ですね。森太郎はわざと、ここを管理している方達が、森太郎を守るため、標識類を入り口に立てていないようです。登山口から少し山に入れば標識はあります。解らない時は鍋倉山の少し手前に「巨木の谷」への標識がありますから、そこから降りて行けば解ります。

No title

mikkoさん、今晩は。
今年の紅葉はおおよそ例年通りのようです。ここの処週末は天気が悪いのでどこに行こうか迷ってしまいますが、群馬は長野も新潟も、案外山梨も近いので、どちらかに行けば晴れ間もありそうなので助かります。今回の鍋倉山も関田峠から登れば簡単に行くことが出来ますから、是非行って見て下さい。

No title

hanaさん、今晩は。
この鍋倉山は日本海のすぐそばですから、冬はたくさんの雪が
積もります、ブナの木は皆その重さに曲がって立っていますが、
尾根の反対側のブナは多少風が遮られ真っ直ぐに立っています。
ブナ林は冬も夏も美しい所です。

信越トレイル

インレッドさ~ん♪ 黄色と根曲がりのブナとか、豪雪地帯らしい山ですね。
場所も確認しちゃいました。1周できるみたいですね。
北アはもう秋は終わっちゃったかもで・・・信越トレイルとか群馬県境とかよさそうですね。
でも今週も天気は悪そう・・・(´;ω;`) 残念!

No title

るたん さん、お早うございます。
そうですね、今週末も天気はイマイチのようですが、関田峠からならば急登はありませんから傘を差して歩いても楽に歩けます。雨に煙る紅葉も結構良いものですよ、是非トライしてみて下さい。ただ、山頂手前に巨木の谷への道がありますが。こちらは急斜面のトラバースが続きますから、傘を差してでは大変かも知れませんので、ピストンならば楽勝です。

No title

紅葉は盛りは最高ですが、
始めも、終わりも、ワクワクとか、哀愁とか
いろいろと感じられて、いいですね。
一夜山もあまり整備などされてないようですが
藪を抜けて立った山頂はすごくいいですね。

No title

nousagiさん、今晩は。
一夜山は通常の登山口からならば、簡単で1時間ちょっとで、林道のような広い道を歩き山頂に着きます。その為あまりにも簡単すぎるので他の登山口から登り1週しようと思ったのですが、そちらの登山口はかなり深い藪漕ぎもあり大変な道でした。

No title

鍋倉山の紅葉を見せて頂き ありがとうございました。
私共は 2月に(遠見尾根の書き込みをさせて頂いた頃)本籍地の安曇野市に転居しました。
アルプスの麓?ではあるのですが 長野市から気軽に出かけられた山が遠く感じられます。
毎年ブナの根明けを見て 元気をもらっていた鍋倉山です。今年は出かけられませんでした。
大好きなブナの森に出かけられるように〈運転者さん〉にハタラキカケねば((笑)です。

No title

さとやま さん今晩は。
鍋倉山は関田峠から登れば楽に登れると思います。今週末くらい
から紅葉は本番になりますから、運転手さんにお願いして如何ですか。
今月末あたりは、いつもと違って魚沼スカイラインから当間山に登って
見ようと思っています。
プロフィール

インレッド

Author:インレッド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター