FC2ブログ
kinpu2323.jpg

雪の浅草岳へ  2020/3/7日

浅草岳へはネズモチ平や田子倉・入叶津と殆どの登山口から登ったことがありますが、ヤヂマナ沢登山口からは登ったことがありませんでした。今日は良く冬季に登られている、ヤヂマナ沢登山口とムジナ沢の中間付近から登って見ようと思います。



          今日の浅草岳
IMG_1583.jpg



秋変わらず浅草岳は人気の山のようで、除雪最終地点の登山口にはすでに15台ほど車が停まっていて、今日もラストの登山者となり登り始めました。



IMG_1483.jpg



IMG_1484.jpg



IMG_1504.jpg



先行者はBCスキーの方が多いようです。登山者の踏み跡も多少あり、幾分かはラッセルの苦労が助かりました。



IMG_1517.jpg



IMG_1528.jpg



いつも後ろに、昨年登った山では一番素晴らしい展望だった、守門やその前に守門黒姫が見えています。



IMG_1529.jpg



雪と霧氷の上に、それこそ雪の宮殿のような浅草岳が遠くに見えて来ましたが、まだまだ遠い。



IMG_1533.jpg



IMG_1536.jpg




IMG_1556.jpg




          霧氷の隣の尾根
IMG_1543.jpg



尾根からは遠くに粟ヶ岳や越後白山や下越の山々とその上に飯豊山まで眺められました。



IMG_1558.jpg



尾根の反対側には越後駒ヶ岳・八海山なども見えました



IMG_1559.jpg



少し冷たい空気になって来たら、思いもかけず青い空の下、霧氷の尾根になって来ました。



IMG_1565.jpg



IMG_1563.jpg



IMG_1570.jpg



IMG_1575.jpg



IMG_1563.jpg



IMG_1587.jpg




霧氷の冷たくても澄んだ香り

真っ白い雪でも 何故か

透明な雪の尾根

氷点下でも青空は

気持ちが良くて暖かい

サラサラと落ちてくる

銀色の霧氷

白い遠嶺も輝いていた



IMG_1589.jpg



IMG_1571.jpg



こんな道を歩いている時は、しみじみと登山をやっていて良かったと思う道。


IMG_1572.jpg



IMG_1574.jpg



IMG_1580.jpg


           浅草岳も少し近付いて来ました
IMG_1576.jpg



IMG_1588.jpg



IMG_1581.jpg



IMG_1586.jpg




浅草岳直下付近に着きました、この辺りで午後1時を過ぎたので、前の浅草後ろの守門、右に越後駒ヶ岳、左に下越の山々を眺め、素晴らしい景色をご馳走に大変美味しい食事にしました。



IMG_1601.jpg



IMG_1608.jpg



IMG_1611.jpg



          越後駒ヶ岳方面
IMG_1606.jpg



           飯豊方面
IMG_1597.jpg



腹もいっぱいになり景色も充分に楽しみました。すでに午後1時半になったので、今日はここまでとして帰ろうと思っていたら、上から 颯爽と若くて美人の女性が降りて来ました。



          鬼ヶ面の北岳方面
IMG_1617.jpg



暫く山談義、その女性はなんと、この右奥のあの険しい毛猛の山も、日白山もタカマタギも単独で登ったようです、それらの話で盛り上がりましたが、ソロでは里山でも登ることが出来ないと言うような人とは違って、彼女は賢そうで颯爽と風のように、花びらのように降りて行き、爽やかな女性でした。ここで今日、出会ったのはもう一人の男性と二人のBCスキーヤーだけで、他の方はどこへ行ったのでしょうか??。



          守門の黒姫も良かったなー
IMG_1619.jpg




          サラバ浅草 また来る時も笑っておくれ
IMG_1622.jpg



          木も1本では寂しくて生きて行けない
IMG_1637.jpg



          2本ならば林になれる
IMG_1635.jpg



           3本以上になれば森になり潤いをもたらして呉れる
IMG_1636.jpg



今日もラストの登山者となり、茜色に染まり始めた山々を名残惜しく眺め、今日の登山を終わりました。



IMG_1639.jpg




アクセスカウンター

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

イヤー 素晴らしい、霧氷も眺めも素晴らしい所ですね。ここは
ヒメサユリの頃にしか登ったことはありませんが、冬はこんな
素晴らしい景色になるんですね。本当に良い景色でした。

No title

インレッド様 こんばんは。
晴天の日で素晴らしい展望ですね。ヒメサユリ咲く頃登りましたが
冬山の山容は美しいですね、清々しい気持ちで心がほっこり致しました。
ありがとうございます。

No title

今晩は。
心が沁みるような素晴らしい景色ですね。こんな景色は
苦労して登った人にしか解りませんね。本当に心が
洗われるような景色です。

No title

noriさん、今晩は。
そうですね、殆どの方はヒメサユリの頃か紅葉の頃にし
か登ったことは無いようですが、雪の尾根歩きもなかなか
素晴らしい所です。機会がありましたら登って見て下さい。

No title

たかちゃん さん、今晩は。
そうですね、殆どの方はヒメサユリの頃に登っていると思い
ますが、この時期もなかなか良い登山が出来ます。ヒメサユリ
の頃とは道がちょっと違いますが、素晴らしい展望の尾根歩
きが出来ます。

No title

hanaさん、今晩は。
本当に心が洗われる気がしました。すっかりコロナウイルスなど
都会の塵に汚れた心身共に綺麗になったような気がします。
初夏の頃は乙女百合と言われるヒメサユリの花がたくさん
咲く山なのです。

No title

まあ、綺麗な雪化粧の山々、霧氷の写真にうっとりです!
冬の季節も静かで美しいですね~
浅草岳はヒメサユリの頃に数回、紅葉に1回歩いていますが、
ムジナ沢登山口からは距離が長く、歩いたことが有りません。

爽やかな美女との出会いもまた心に残るワンシーンとなりましたね。
素敵な冬の浅草岳、楽しませて頂きました。

No title

まだまだ雪山、綺麗です。
こんな山ばかり行っていると
暗い杉林のなんてことない山歩きは
きっとつまらないでしょうね。
寒さを感じない体なら、ぜひとも行って
自分の目で見たい景色です。(^^)

No title

orihimeさん、今晩は。
ここはヒメサユリの頃も良いですが、残雪歩きも素晴らしい所です。ムジナ沢登山口の少し上のヤマヂナ沢付近から登りましたが、時々はムジナ沢の登山道と交わるようですが、雪のため解りませんでした。もう少し早く登っていれば山頂まで届いたと思いますが、この展望ですから、昼食をとったらすっかり満足して、単独の気楽さで下山しました。紅葉の頃は裏の方の入叶津方面から登ると素晴らしい紅葉に出会うと思います。

No title

nousagiさん、今晩は。
暗い杉林でも登山道の無い道を、地図を頼りに探しながら登る登山も、それなりに楽しいと思います。そして登った山頂からの展望が素晴らしかったら、きっと思わずヤッターと思うと思います。今回の道もヤジマナ沢登山口のそばですが、登山道では無い所を登りました。雪の無い頃は藪道と思いますが、雪があると素晴らしい尾根歩きになります。

7日は、本当に素晴らしい登山日和でしたね。どの山も沢山の方々で賑わってました。

私は、残雪期このコースで浅草岳を1回だけ登りましたが、途中からのブナ林が良い所ですよね。
振り向けば守門岳、黒姫山の大展望に目と心が喜んでました。(^^)

No title

アサレンさん、今晩は。
もうギックリ腰はなおりましたか??。ここを登ったのは昨年の4月頃でしたっけ。なかなか良い尾根ですね。昨年登った守門黒姫も良かったですが、こちらも大変良い眺めでした。おまけに霧氷が綺麗で楽しく歩くことが出来ました。そろそろ雪ちゃん見物に行きたいのですが、天気と相談です。

きれいですね

インレッドさま、こんばんは。
そこは雪があるのですね。
ヒメサユリで行きたいと思ってるやまですが、雪も良いですね☃️お疲れ様でした❗️

No title

るたん さん、今晩は。
ここはヒメサユリだけでは無く紅葉も残雪歩きもなかなか面白い所です。ヒメサユリはここより隣の尾根の鬼ヶ面の方がたくさん咲いています。60里越えのスノーシェッドのあたりから登ります、その頃は駐車場にはたくさんの車がともっていますから解ります。道の駅入広瀬あたりで車中泊してその先にセブンイレブンがありますから、そこで食料調達していけばよいと思います。

あら!珍しく・・・

若くて美人さんの登山者に遭遇されましたか!?
それも『登山をやっていて良かった』と思える瞬間!?
山スキーはシールを貼ってそのまま雪面を登れるとか?
その跡はいくらか雪が固められて、歩きやすいでしょうか?
寒波のお陰(?)で3月になっても素晴らしい冬山ですね!

No title

宮星さん、お早うございます。
この山は初夏の頃はピンクのヒメサユリがたくさん咲く山です。福島の
只見町付近ですから豪雪地帯で雪もたくさんあります。残雪歩きには
良い山で紅葉もかなり綺麗な山です。そのため季節を変えて何度も
登っている山ですが、いつ登っても良い山です。
プロフィール

インレッド

Author:インレッド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター