FC2ブログ
asakusa111.jpg

冬の槍へ行くもやっぱり途中敗退 2021/1/30日

週末は曇りや雪マークの続く天気でしたが、今週末は久し振りに晴れ間もあるようなので、冬の槍に登って見ようと出掛けました。


IMG_4155.jpg


ガリガリに凍った駐車場に車を置いて、真っ白い山並みに背中を押されながら登り始めました。



IMG_4138.jpg



IMG_4142.jpg



          こんな風景を見ながら、まず最初のピークを登ります
IMG_4156.jpg



IMG_4163.jpg



IMG_4164.jpg



冷たい風が吹く最初のピークを早々に下山して、次にこれから向かう尾根に取りつきます



IMG_4174.jpg



IMG_4173.jpg



北風が遮られる尾根は、青い青い空の下の尾根で案外暖かくなりましたが、ここから先はここ暫く歩いた人のいない、静かな一人旅になりました。



IMG_4177.jpg



IMG_4181.jpg



           狭いピークからは遥か遠くにこんな山並みも見えました
IMG_4176.jpg



更に痩せた細い尾根歩きになり、風の音を聴きながらの歩きになりました。



IMG_4183.jpg



IMG_4184.jpg



IMG_4185.jpg



岩場には新しいクサリが付いていて、捕まりながら降りたり登ったりする、変化のある尾根でした。



IMG_4187.jpg



IMG_4186.jpg



IMG_4188.jpg



ここからは細い尾根のピークが幾つも続き変化の多い尾根ですが木々の間からは有名な山々も眺められ飽きません。



IMG_4189.jpg



IMG_4190.jpg



IMG_4191.jpg



IMG_4192.jpg



遥か遠くに100名山の山が見えて来ましたが、あの手前に今日の目標の「槍}は聳えている筈です



IMG_4194.jpg



IMG_4196.jpg



IMG_4197.jpg



          これからこの尾根を登ります
IMG_4199.jpg



IMG_4202.jpg



これから1656m峰を越えてさらにピークを幾つか越え、その先に1713mの嶺があります、そこが今日の目的の「槍」ですがまだまだ遠いので、駐車場が5時に締まってしまうため、この辺りで時間切れとなりました。今度は反対側から、その「槍}を目指してみようと思います。



IMG_4204.jpg



IMG_4205.jpg



IMG_4203.jpg



今回は歩いた場所を明記しませんでしたが、登山を趣味にする方ならば、大抵の人はご存じの山域と思います。皆様がご存じの山から更に奥に行くとこんな良い山があります。  さてどのあたりの山かお解りになりましたか??。



IMG_4210.jpg



IMG_4214.jpg



IMG_4215.jpg



          今日歩いて来た山域
IMG_4218.jpg



   皆様が ああここか と解る画像を 1週間後に改めて載せて見ますから、解らなかった方はご覧ください


さて金曜日の夜になりました。皆様にお約束の、解りやすい画像を乗せます



          この山にはリゾート地として有名な清里の平沢からも登れます
IMG_4149.jpg


        いつも背中にこんな大きな山が聳えています
IMG_4133.jpg



と言う訳で、飯盛山とその奥へと行きました。飯盛山までは5・6人の方と会いましたが、その先では誰にも会うことが無く、静かな尾根歩きでした。さらに奥まで行くと山梨100名山の横尾山まで行くことが出来ます。






アクセスカウンター

スポンサーサイト



中倉山途中敗退  2021/1/16日

今週末もあまり天気は良くないようですが、早朝にコンビニで食料を調達しドリップコーヒーを飲みながら。行先の山に想いを馳せワクワクしながら車を運転、登山も好きですがそんな時間も大好きで、つい天気に惑わされず、山に行ってしまいます。



          足尾の銅親水公園からの景色
P1001566.jpg



今日は7年振りに日光の山々の雪景色を眺めながら、孤高のブナの木のある中倉山に行こうと思います。



   松木渓谷より大平山方面かな-  あそこも以前に登ったが、下山は急下降で 旧松木村に降りたっけ
P1001568.jpg



           松木沢からそれて、仁田元川沿いを歩き登山口へと向かいます
P1001569.jpg



           備前楯山かな
P1001570.jpg



見落としてしまいそうな小さな板に書かれた標識のある登山口に着き、ここから急登のためジグザグに切った登山道を登ります。



P1001571.jpg



P1001572.jpg



急斜面を登っている時は風は遮られ穏やかな道でしたが、中倉山直前の尾根に登り上げると。冷たい北風が吹き荒れ、おまけにミゾレになって来ました。


P1001574.jpg



近くに中倉山の鞍部の 孤高のブナの木が見えて来ましたが、風と氷雨が激しくなってきて、この先へは無理のようです。



P1001579.jpg




P1001577.jpg



P1001580.jpg



  孤高のブナの木の話はこちらか、是非読んで見て下さい



降りて見れば幾分か明るくなって来ましたが、少し欲求不満ですので、松木沢には幾つもの氷瀑がありますから、そちらを見て帰ろうと思います。


          歩いて来た稜線あたり
P1001588.jpg



P1001587.jpg



まだ4時前ですが暗い氷瀑なのでヘッドランプを点けて撮りました



P1001589.jpg



P1001590.jpg



P1001589.jpg





アクセスカウンター

モンスターを見に根子岳へ 2021/1/10日

行きたい雪国は大雪で行くことが出来ず、雪を覚悟で比較的近い菅平から根子岳へ行き、久し振りにモンスターを見て来ようと出掛けました。



IMG_4096.jpg



今日はいつもの様に奥ダボススキー場から登る積りでしたが、うっかりして前ダボススキー場のゲレンデから登ってしまい、いつもの倍近い行程になってしまいました。尾根に登り上げて気が付いたのですが、奥ダボスからの登山道に途中で出会うので、そのまま歩きましたが、そこまでは膝位までのラッセルになってしまいました。


IMG_4006.jpg



IMG_4017.jpg



IMG_4018.jpg



奥ダボススキー場からの道に出会うとBCスキーやスノボーの人たちのトレースがあり、あまり埋まらなくなりました。この道には以前はスノーキャットと言うキャタピラー車が客を乗せて走っていましたが、最近はやっていないようで、以前より静かな道になりました。



IMG_4031.jpg



IMG_4033.jpg



IMG_4041.jpg



今朝は軽井沢を通る頃は気温は-10℃でした、東御市を通る頃も同じ-10℃でした、そんな気温ですから菅平はさらに低い気温で、山頂付近は-15℃くらいにはなっていると思います、風が強く吹いていて雲は急いで通り過ぎ、青空も忙しく出たり消えたりしていました。



            遠くにモンスターが見えるようになってきました
IMG_4042.jpg



IMG_4048.jpg



IMG_4049.jpg



去年の今頃は国境の長いトンネルを過ぎて雪国に入っても、山にも田畑にも雪が無く、あまり雪景色を堪能することが出来なかった冬でしたが、今年は全く逆で車も立往生するくらいの大雪のようです。地球の気温はいったいどうなってしまうのでしょうか??。



IMG_4050.jpg



IMG_4051.jpg



IMG_4052.jpg



今日はやはりBCスキーやスノボーの方が多く、登山者は3人くらいでした、そう言えば私も以前はスキーを担いで、スキー靴にスノーシューを履き登ったり、ウロコのあるスキーで登ったりしたことがありました、深い新雪の時は転んだら、手も足も埋まって立つことが困難な時もありました。



           ホアイトアウトになると、ちょっと厄介だと思う天候になって来ました
IMG_4056.jpg



IMG_4059.jpg



広い斜面でホアイトアウトになればちょっと解り難い尾根ですから、暫く様子を見てたら、また青空が出て来たのでさらに登り始めました。



IMG_4061.jpg



IMG_4064.jpg



IMG_4076.jpg



IMG_4071.jpg



今日は余分に歩いてしまったので結構疲れましたが、何とか山頂直下のモンスター達の入り口に着きました。



IMG_4083.jpg



IMG_4084.jpg



IMG_4086.jpg



アナと雪の女王の雪の魔宮に入り込んでしまったようなモンスター



IMG_4087.jpg



IMG_4088.jpg



IMG_4089.jpg



青みがかった雪もあり、少しピンクがかった雪もあり、雪景色は本当に美しい、



IMG_4090.jpg



IMG_4092.jpg



IMG_4093.jpg




今日はこの景色が見たくてここに来た訳で、かなり寒かったのですが、楽しい時間でした



IMG_4097.jpg



IMG_4099.jpg



IMG_4120.jpg



IMG_4121.jpg



皆が帰ってしまった凍てつく山頂に着きました。立ったままでパンをかじり、隣の四阿山を眺め下山しました。



          根子岳山頂
IMG_4105.jpg



          四阿山方面
IMG_4109.jpg



          下山の途中で
IMG_4122.jpg



今日も最終登山者となって誰も居ない尾根を麓のスキー場を眺め下山しました。やがてこの野面に雪が消えて、たくさんの花々が咲く頃は、若い学生たちが、あちこちの宿で合宿をして、青春を謳歌することでしょう。


IMG_4126.jpg



IMG_4130.jpg



IMG_4125.jpg



スキー場のゲレンデを降りる頃は、スキー場のスピーカーがトランペットの音で「蛍の光」を朗々と流していて、ああ今日も無事終わったと思いました。



         夕映えの根子岳方面
IMG_4131.jpg





アクセスカウンター

霧氷の浅間隠山  2021/1/1日

                新年明けましておめでとうございます。

例年の元旦ならば自宅の近くを走る、ニューイヤー駅伝を見てから、お節料理を食べイッパイやってテレビ観戦ですが、今年は沿道の応援は自粛とのことなので、初登りにすることにしました。朝の散歩中に眺めて見ると赤城・谷川・浅間あたりは雪雲の中のようでしたが、その前に聳える鼻曲や浅間隠山はうっすらと雪化粧をしていて、霧氷になっているようなので、初登りは近くの浅間隠山に行く事にしました。



IMG_3963.jpg



IMG_3923.jpg



先行者が1名ほどいるようで、その踏み跡を追い登り始めました。



IMG_3926.jpg



IMG_3929.jpg



IMG_3933.jpg



          今年の雑感

楽しい山はと
聞かれたら
爽やかな風と
爽やかな人に
逢える山と答えよう



IMG_3937.jpg



IMG_3939.jpg



IMG_3940.jpg



美しい山はと
聞かれたら
真っ白い尾根と
霧氷の続く山と答えよう



IMG_3941.jpg



IMG_3942.jpg



IMG_3944.jpg



暖かな山はと
聞かれたら
山も人も訛りも暖かい
故郷の山と答えよう



IMG_3945.jpg



IMG_3946.jpg



IMG_3947.jpg



淋しい山はと
聞かれたら
ハラハラと葉を散らし
1年を終える
紅葉山と答えよう



IMG_3948.jpg



IMG_3949.jpg



IMG_3950.jpg



孤独な山はと
聞かれたら
老いてしまった足どりで
一人とぼとぼ
歩く山と答えよう



IMG_3951.jpg



IMG_3952.jpg



IMG_3953.jpg



どうして山が好きなのか
あの山も この山も
みんな 懐かしい山ばかり
風も遠い想い出を私の背中に
ささやいてくれる
だから山は好きなんだ



IMG_3955.jpg



IMG_3958.jpg



IMG_3960.jpg



辛い峠をエンヤコラと登り
そこからの絶景にニンマリ
山登りは人生そのもの
苦しさを逃げる人には
味わえ無い



IMG_3961.jpg



IMG_3962.jpg



IMG_3964.jpg



人生 表もあれば裏もある
人には知れない裏の道にも
踏まれたことのない
綺麗な花が咲いている
その花もやがてひっそりと
散って行く



IMG_3966.jpg



IMG_3967.jpg



IMG_3968.jpg



人もまた生まれて老いて
いつかは一人で散って行く
精いっぱい頑張って
生きて行けば
辛くても 悔しくても
悔いはない



          振り返って登って来た尾根
IMG_3969.jpg



          山頂直下
IMG_3970.jpg



          浅間隠山 山頂
IMG_3971.jpg



         雲が取れた浅間山方面
IMG_3973.jpg



          雲の中の谷川方面
IMG_3975.jpg



          榛名方面
IMG_3976.jpg



          妙義方面
IMG_3979.jpg



         寒い山頂で風を避け、暖かなカップラーメンを胃に入れて下山
IMG_3986.jpg



阪神神戸や東北の震災も
福島の原子炉の災害も
みんな何とか越えてきた
だから
コロナなんかに負ける筈がない
終息に時間がかかっても
山を楽しみ 生きて行く


IMG_3987.jpg



IMG_3988.jpg



IMG_3989.jpg



今年も弱くなった足を引きずって
どんな山に登ろうか

精いっぱい頑張って
美しい山の眺めを
楽しもうか



IMG_3990.jpg



IMG_3992.jpg



浅間隠山は地元高崎の山です、春にはひっそりとカモメランも咲き、夏にはシモツケソウが山頂直下をピンクに染め、秋には裏から登れば紅葉のトンネルになり、冬には霧氷の華・雪の華になり良い山です。



IMG_3993.jpg



      拙いブログですが、本年も宜しくお願い致します





アクセスカウンター

プロフィール

インレッド

Author:インレッド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター