FC2ブログ
hanataka222.jpg

銀山平から越後駒ヶ岳へ 2021/4/16日

越後駒ヶ岳へは今までに5回程登ったことはありますが、いずれも枝折峠から紅葉の頃に登っただけで、雪のある頃にしかも銀山平から登るのは初めてでした。この時期のこの歳では山頂へのピストンは無理と思いますが、せめて道行山か小倉山あたりまでは、何とか行って見ようと出かけました。



         登っている途中より 左に日向倉山、右奥の白い山は会津の秘峰 丸山あたりかな
IMG_4672.jpg



開通したばかりの奥只見シルバーラインを通り石抱橋を渡り北ノ又川右岸を骨投沢・柳沢を越えたあたりから登り始めます。先ずこの地方に住み、戦場のレポで心疲れた開高健が釣りに癒され、 「河は眠らない」と書いた碑のあたりから歩き始めます。


IMG_4726.jpg


          中ノ岳方面
IMG_4634.jpg



IMG_4642.jpg


鮭は自分の子供の顔を見ないで死ぬ。
一回産卵するだけ。一回射精するだけで一生が終わってしまう。
子供は翌年の春、岩の下で卵から孵って、親の顔を知らな   
いで一人で育ってゆく。非常に孤独な生涯ですね。』

 さらに、輪廻、転生へと思い走らせ『形が変わるだけである。
 エネルギーは不滅であり、減りもしない、増えもしない、善でも 
 ない。悪でもない。』と言葉をつないでいる。」(中略)
 そして終わりに「開高は「河は眠らない」で締め括っています。



結構ヘビーな川沿いの道をトラヴァースしながら歩き、やっと尾根に取りつくあたりに着きました。今日のトラバースは登山者1名・スノボ1名・山スキーヤー1名の踏み跡があるだけでした。



IMG_4644.jpg



IMG_4653.jpg



丸くなった尾根あたりに着くと過去に登った想い出の山、好きな山の荒沢岳や日向倉山・利根川源流の山々が、澄み切った空の下眺められ、それらの想い出に浸りながら、登っていました。



          十字峡から登った中ノ岳
IMG_4659.jpg



          好きな山の未丈・日向倉方面
IMG_4660.jpg



          中ノ岳・駒ヶ岳
IMG_4665.jpg



          未丈・日向倉
IMG_4670.jpg



          長い鎖場が続き苦労した荒沢岳
IMG_4697.jpg



IMG_4673.jpg



IMG_4675.jpg
    


          未丈・日向倉・会津の丸山
IMG_4678.jpg



今日はアイゼンだけで登り、時々はピッケルも欲しかった道ですが、それ程埋まることが無く案外に楽な登りでした。



IMG_4679.jpg



       遠くに日向倉・丸山・高幽あたりかなー
IMG_4681.jpg



道行山の尾根に出ました。澄んだ空の下の真っ白い尾根は、顔が日焼け雪焼けでヒリヒリとして来ました 。



IMG_4686.jpg



IMG_4689.jpg



          道行山山頂が近くになって来ました
IMG_4692.jpg
    


取り敢えずの目標の山、道行山に着きました。今日は寒くも無く暑くもなく、青い空と周り中真っ白に連なる山々と近くに大きく聳える越後駒ヶ岳・中ノ岳を眺め食事にしました。 



          駒ヶ岳
IMG_4693.jpg



IMG_4694.jpg



         中ノ岳
IMG_4695.jpg



IMG_4708.jpg




夏にはハート型をした雪渓が残る大水上山、その1滴が大利根川の最初の1滴となります。十字峡から登り、その1滴を飲んだこともありました。途中の尾根で滑落して頸椎骨折したこともありました。今は懐かしい想い出です。



       兎岳から利根川源流の大水上山に続く稜線
IMG_4696.jpg



        霧氷の上に守門から毛猛・桧倉へ続く稜線
IMG_4701.jpg



          何時かは登って見たい、三ツ岩・窓明・会津駒ヶ岳へ続く稜線
IMG_4704.jpg



青い空と白く連なる
その稜線を眺め
少なくなった未来と
想い出多い過去を想いながら
今日も良い山に登ったと
満足しながら眺めていました



         枝折峠から続く夏道の上に守門・毛猛へ続く稜線
IMG_4700.jpg


     
          下・上権現堂山と唐松山に続く稜線
IMG_4702.jpg



          大力山の上に聳える笠倉山方面
IMG_4703.jpg



          未丈岳
IMG_4716.jpg




折角のイケメンが雪焼けでサングラスの目の廻りだけが白くて、他は真っ赤に日焼けしてすっかりタヌキのような顔になり、今日も後ろ姿で失礼致します。



IMG_4719.jpg



さて奥只見シルバーラインは午後6時を過ぎれば道路は閉鎖されてしまいます。ここから小倉山・駒ヶ岳に行けば、6時には間に合いそうも無く、充分に良い眺めを堪能したので、ここまでで下山することにしました。



         下山の道
IMG_4722.jpg



IMG_4723.jpg



河は眠らない
次から次へと
生の輪廻が続く

山も眠らない
雪を溜め 雨を溜め
木が倒れ、そこに
新しい芽が生え
木々に鳥や獣を養い
大きな蔭の下には
小さな虫達が憩う
夜には星々を眺め
朝には茜色の空を眺める



IMG_4724.jpg



     開高健さんが居た頃はこの川には50㎝もある大イワナが釣れたそうですが今は禁漁区です。
IMG_4725.jpg



スポンサーサイト



ヤシオツツジ咲く三ツ岩 2021/4/9日

雪山ばかり追い掛けて、西上州の山にはご無沙汰していますが、毎年この時期には、ホームグランンドの西上州の山でヤシオツツジを楽しんで居ます。今年はヤシオツツジの花付は良さそうですから楽しみです。



P1002146.jpg



数年前の台風の影響で大仁田ダムからの登りは悪路の道ですが、尾根に登ればチラホラとヤシオツツジが見えて来ました、時季は丁度良かったようで、花の色は美しいピンクでした。


        
          尾根に登り上げてのツツジ
P1002125.jpg



P1002129.jpg



          山頂方面もピンクに色付いているようです
P1002132.jpg



下仁田付近の人はヤシオツツジをヒトツバナなんて呼び、親しんでいるようです



P1002168.jpg



上野村あたりの人は、ヤシオツツジを ヤシャノヨウラク(夜叉の瓔珞)なんて言う方も居ます、夜叉とは鬼女のような鬼のことですが瓔珞とは仏の首飾りのような飾り物を瓔珞と言います。黒い岸壁を鬼に例え、そこに咲いている美しい花を首飾りとみなした諺ですが、なかなか粋な名前を付けたものです。



P1002144.jpg



P1002150.jpg



          山頂方面
P1002153.jpg



今年は中々良さそうですが、大仁田ダムが出来る前の頃の、この山のツツジはもっと凄い群生で、小沢岳あたりから見ても山頂付近がピンクに染まっているのが解るくらいでした。ツツジの木も少し歳を経て弱くなったのか、以前のように、山頂付近がピンクのトンネルになったような景色は見られなくなりました。



P1002155.jpg



P1002157.jpg



P1002167.jpg



それでも、この山のヤシオツツジは素晴らしく、、訪れた人は充分に楽しめる事と思います。



P1002170.jpg



P1002171.jpg



P1002172.jpg




山頂が近くになって来ました。



P1002176.jpg



P1002177.jpg



P1002178.jpg



ツツジのトンネルと言う程ではないですが、まあそれに近いような今日の道でした。



P1002180.jpg



P1002181.jpg



P1002182.jpg



P1002186.jpg



今日は平日でしたが、山頂には3人の方が食事をしていました。



          三ツ岩山頂
P1002187.jpg



こんな景色を見ながら端の方で食事をして竜王方面へと下山しました。



P1002193.jpg



竜王権現への道の岩場付近も良い色に染まっていて良い眺めでした。



P1002204.jpg



P1002206.jpg



P1002214.jpg



今日はもう1座無名の山に登ろうと思い、上野村方面の登山道の無い山に行きましたが。こちらは生憎あまり咲いていませんでした。



P1002215.jpg



P1002219.jpg

前ノ山・六万騎山  2021/4/3日

盆栽で買って庭植えした海棠の花が、丁度盛りになり、今は3m程の大きな木になり、その花の下で花見が出来るようになりました。そんな時季ですから、今日は花見登山に、雪見登山と欲張った登山をして来ました。


           巻機山
IMG_4614.jpg



前ノ山と言ってもあまり馴染みの無い山だと思いますが、今までに2度ほど登ったことのある山です、地図にも名前は無く標高(1079m)のみ記された山ですが、案外展望が良い山です。今日は今までに登ったコースでは無く、違うコースから登って見ることにしましたが、登山道や踏み跡など無い山ですから、どんな道が待っているのか全く解りません



IMG_4582.jpg



IMG_4597.jpg



途中でかなりの藪漕ぎになり、石楠花の密生地は足が地に着かず、木の上を歩くような場所が数か所あり、12本爪のアイゼンが木の枝に引っ掛かり、かなり苦労する登山になってしまいました。



IMG_4626.jpg



そんな藪漕ぎをしていたら、いつの間にかアイゼンが左右両方とも抜けて無くなり、帰りに探すことにしてそのまま、雪を拾って登りました。



IMG_4606.jpg



IMG_4607.jpg



山頂直下も猛烈な藪漕ぎになり写真など撮ることも出来ず、それでも何とか雪の丸い山頂に着きました。そこでのんびりと雪の上に座り昼食をしながら、谷川から巻機・八海山につながる稜線を眺めました。



          大源太から蓬峠へ続く稜線かな
IMG_4611.jpg



          金城山・巻機山
IMG_4612.jpg




IMG_4615.jpg



          八海山~巻機山
IMG_4618.jpg



これから六万騎山で花見登山をするため早々に下山しましたが、アイゼンは見つけることが出来ませんでした。その為雪の急斜面は、ロープを出して木に掛けながら、やっと下山しました。




IMG_4628.jpg



IMG_4631.jpg




  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

          六万騎山

           登山口付近から八海山方面
P1002006.jpg



山で咲く花で一番好きな花が雪割草(オオミスミソウ)です。しかしここ3年ほど見ていません、最近は殆どのブロガーさんがアップしているので遠慮していました。それでもたまには見たい花ですから、今日は折角近くの山に来ていたので、見に行く事にしました。



          登山口からはズーッとカタクリロードになっていました。
P1002009.jpg



P1002016.jpg



P1002027.jpg



雪国越後に雪起こしの雷が鳴り始めると、
短い秋が終わり、長い長い冬が来て、
毎日のように鈍色に染まった冬の空から
雪が降り続きます。



          イワウチワも咲いていました
P1002024.jpg



P1002031.jpg



P1002044.jpg



毎日暗い厳しい日が続き、やっと明るい日々が
少しづつ訪れるようになると、
山々には人々が待ちに待った、
雪椿や雪割草・カタクリなどの花が咲きそろいます。



P1002047.jpg



P1002061.jpg



P1002062.jpg



            山頂より咲き始めた桜と八海山方面
P1002055.jpg




            下・上権現堂山
P1002057.jpg




午後からの登山ですから、案外静かな山頂でコーヒーなど飲み まったりと過ごし、表登山口に向かいました。



P1002062.jpg



P1002067.jpg



P1002070.jpg




越後人の心に明かりを灯すかのように、
美しいスプリングエフェメラルの花々が
山を彩るように咲き始めます。



          オクチョウジ桜
P1002075.jpg



今日は久しく見ていなかった コシノコバイモを眼をサラにして探したら、俯き加減にたくさん咲いていました。



P1002079.jpg



P1002087.jpg



P1002089.jpg



キクザキイチゲや雪割草が群生する斜面に着きました。



P1002095.jpg



P1002096.jpg



P1002100.jpg



P1002101.jpg



P1002102.jpg



今まで弥彦・角田・樋曾山などでたくさんの雪割草を見て来ましたが、ここの雪割草は、それらの山より雪深い所に咲いていますから、花は案外小さく咲いていますが、色は白もピンクもブルーも紫も皆濃い色で美しい花でした。



P1002104.jpg



P1002105.jpg



P1002115.jpg



P1002111.jpg



雪山も良いですが、こんなにたくさんの色のある雪割草を眺めるのも楽しい時間でした。



P1002013.jpg



P1002107.jpg



P1002114.jpg



何時間でも眺めていたい所ですが、遠路帰りますからそろそろ帰らないと・・・



P1002108.jpg



P1002109.jpg



P1002110.jpg



P1002112.jpg



雪の北岳へ  2021/3/31日

昨年の今頃にムジナ沢とヤジマナ沢の中間付近の尾根を登り浅草岳へと登りました。その尾根の右側に真っ白な長い雪庇の続く尾根が見え、なかなか面白そな尾根だと思い、今回その尾根と、さらに上部に聳える北岳方面に行く事にしました。



          左に浅草岳、右に北岳、中間の山は1452m峰
P1001999.jpg



浅草大橋付近に車を置いて登りますが、下の暴れ川の破間川には珍しい流氷が流れていて、数人のカメラマンが写真を撮っていました。



P1001848.jpg



P1001852.jpg



流氷解けて 春風吹いて
吹雪も晴れて
鶯鳴いて
雪解の水も麓に流れ
人の心に灯りがともる



前回に続き登山道は無く、杉林の中を登り尾根に取りつきます。



         振り返って 守門方面
P1001871.jpg



P1001886.jpg



P1001893.jpg



今日の天気予報は、晴れマークでしたが空はどんよりと曇っていて、今すぐにでも降って来そうな、生憎の天気でした。



P1001897.jpg



P1001902.jpg



流氷解けて 春風吹いて
山鳴り響き
踏み跡ひかる
尾根行く人も
孤独を楽しみ
今日も歩く只見の山ヨ



周りの山も見えなくなり、ホワイトアウトになる前に帰ろうかと思いつつ、何とか展望の良い1045m峰付近で早めの昼食にしました



P1001905.jpg



P1001906.jpg



P1001915.jpg



昼食をとりつつ待った甲斐があったようで、微かに青空の希望が湧いてきました、何とか元気を取り戻し、今日の目標の、大展望の大らかな峰の1252m峰に向かいました。



          振り返って登って来た尾根と守門方面
P1001920.jpg



P1001928.jpg



こんな狭い雪庇の尾根に、こんなに広い台地があるのが不思議なくらいの大らかな雪の台地でした。ここでテン泊なんて良さそうですが、その頃は藪の中かなー。



P1001934.jpg



          左に浅草岳
P1001935.jpg



P1001938.jpg



流氷解けて 春風吹いて
幸せ求め とぼとぼと歩く
梢の雪も静かに落ちて
光輝く只見の山よ



今日の目標 大らかな台地の1252m峰に着きました



P1001951.jpg



             そこからの北岳
P1001950.jpg



          そこからの浅草岳
P1001943.jpg



流氷解けて 春風吹いて
狭霧が湧いて
夏風吹けば
岩峰眺め 乙女百合
うつむき咲いて
幸せくれる
登るも楽し只見の山ヨ



夏にはヒメサユリ咲く、南岳から鬼ヶ面・北岳へ続く稜線も今は人を寄せ付けないような、厳しい尾根になっています



P1001960.jpg



P1001963.jpg



さて大らかな1252mの台地で存分に展望を楽しみました、北岳へは急登になりますから、今日はここまでとして守門や黒姫・浅草などを眺めながら、下山しました。



          守門・守門黒姫方面
P1001959.jpg



          浅草・北岳
P1001980.jpg



          上に北岳
P1001981.jpg



          右に越後白山・粟ヶ岳方面かな
P1001988.jpg



P1001987.jpg



P1001991.jpg



P1001993.jpg



久し振りにお目にかかりますが、後ろ姿で申し訳ありません。だいぶ歳を重ねましたが、まだ少しは元気に登山を楽しんで居ます。



P1001996.jpg



P1002001.jpg



P1002002.jpg



          左に浅草岳・右に北岳
P1002004.jpg



          守門を眺め今日の登山を終わりました
P1002005.jpg



無黒山 2021/3/23日

長い国境のトンネルを越えて、晴れ予報の新潟に入ると、湿った雪がサラサラと降っていて、高速道も制限速度は50Kになっていました。それでも六日町付近に入ると幾分か雲も青い色になり、巻機山の入り口の清水あたりに着く頃は、やはり予報通り青空が広がって来ました。

          登り始め 後ろに巻機山
IMG_4499.jpg



IMG_4483.jpg



IMG_4485.jpg



今日これから登る山は無黒山と言い、一部の山ヤさんにしか登られていない山です。勿論登山道はありませんが案外良い山です。登山口付近の少し広い路側帯に車を置いて と思ったら既に20台くらい車が停まっていて、こんなに人気の山なのかと思ったら、殆ど全員の方が渓流釣りの人たちで、登山者は一人も居ないようです。



          後ろの山は巻機山
IMG_4505.jpg



IMG_4517.jpg



登川から支流の西矢後沢とロクロ沢の出会い付近に来ると、小さな家がポツンと1軒がありました。今は誰も住んで居ないようですがその風景は、昔家族中が楽しんだテレビドラマの「大草原の小さな家」のようでした。今は大雪原の小さな家 ですが そこからアメリカの開拓時代のインガルス一家の夫婦や姉妹達が飛び出して来そうな風景でした。



IMG_4577.jpg



IMG_4579.jpg



沢沿いの雪原を登り、いくつかの堰堤を越え、前に立派な山が見えて来て、その尾根方面に登ったらちょっと思っていた山の様相と違うようなので、スマホの地図を見たら、左の尾根に取り付いたようなので、急ぎ修正し本来のルートを登り始めました。そこからは杉林の急登になり、ワカンからアイゼンに履き替えピッケルも使って登りました



IMG_4518.jpg



          後ろの白い山は 谷川の朝日から続く柄沢山・米子頭山方面
IMG_4526.jpg



急登を登っていたら後ろからいきなり雷のような音が響いて来ました。春の音 の雪崩の音で、右側の尾根からも雪崩れる音が聞こえて来ました。ここは雪庇や割れそうな所は急ぎ逃げて登りました。



IMG_4521.jpg



IMG_4568.jpg



杉林の急登を越えると、広い大らかな1本尾根になり眺めもさらに良くなり、これから登る無黒山が見えるようになって来ました。



IMG_4528.jpg



IMG_4531.jpg



IMG_4532.jpg




登って来た自分の踏み跡と上に 谷川の朝日から檜倉山・柄沢山・米子頭方面の巻機に続く稜線
IMG_4535.jpg



谷川の朝日・大烏帽子・檜倉方面
IMG_4536.jpg



途中より隣の尾根
IMG_4538.jpg



IMG_4545.jpg



自分の踏み跡と登って来た尾根
IMG_4540.jpg



無黒山は1045mの標高ですが、今いる所は丁度1000m付近になりました。山頂は近くになりましたが、朝からそれ程深いラッセルではありませんが、一人ラッセルが続き、フクラハギが攣れて来ました。もう少しで山頂ですが、歩け無くなると困るので、この辺りで遅い昼食にし、足に薬を塗りこみ、下山することにしました。




IMG_4552.jpg



IMG_4553.jpg



IMG_4564.jpg



          下に威守松山と上に柄沢山方面
IMG_4557.jpg



          巻機山方面
IMG_4558.jpg



吸い込まれそうな青い青い空の下、春の音以外は何も聞こえず、地球上に人間はたった一人だけのような、静かな山頂付近で、遅い春が何とか訪れたような越後の雪山を楽しみました。



IMG_4566.jpg



IMG_4567.jpg



IMG_4572.jpg




プロフィール

インレッド

Author:インレッド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター