FC2ブログ
kinpu2323.jpg

春一番の花を見に  2020/2/23日

春分の日も過ぎ、雨水も過ぎて春も近くになって来ました、そんな訳で春の儚い花,福寿草や節分草などを眺めて来ようと思います。



P2230002.jpg



IMG_1296.jpg



P2230016.jpg



登山の途中で
春一番に花を見かけるのは
スプリングエフェメラルの
春の儚い花々です




IMG_1292.jpg



IMGP6147.jpg



IMGP6177.jpg



雪山ばかり追っかけていたら
いつの間にか春が来て
もうすっかり
春の儚い花々が咲いていました



IMGP6141.jpg



P2230001.jpg



IMG_1306.jpg



花は何も語りません
ただ そこに居るだけで
私たちに笑顔を呉れます
そんな人間になりたい

常日頃思っていても
いつも怒って叱って
それがなかなか出来ない 私



IMGP6143.jpg



P2230003.jpg



P2230017.jpg



今日は春一番が吹き荒れ
山の上を ゴーゴーと
風が潮騒のように過ぎて行き
春一番の花々も
少し寒さに震えてた



IMGP6178.jpg



IMGP6165.jpg




IMGP6174.jpg



最近はコロナウイルスなど
暗い話題が多い中
心温まる一日でした。



IMGP6152.jpg






アクセスカウンター


スポンサーサイト



雪の遠見尾根  2020/2/15日

白馬あたりの天気予報が晴れ間もあると言う予報なので、北アルプスの峰々の真っ白い姿を近くで眺めようと、五竜遠見スキー場のゴンドラに乗り山頂駅から歩き始めました。



          鹿島槍・五竜
IMG_12441.jpg



山頂駅で降り、地蔵の頭にまず登ります。カチカチに凍った雪の急登は、ピッケルを車に置いて来てしまったことを悔やみながら登っていました。朝方は春霞のような雲に覆われてあまり展望はありません。



IMG_11421.jpg



まず左に前衛峰のような天狗岳を見ながら尾根に登り上げます。この雪では五竜まではとても行くことが出来ませんから、取り敢えず景色を楽しみながら、のんびりと歩いて、行けるところまで行く事にします。



IMG_11451.jpg



尾根に上がると遠くに小遠見あたりが見えて来ました(左端の峰)
IMG_11521.jpg



IMG_11631.jpg



IMG_11671.jpg



IMG_11701.jpg



この尾根は八方尾根と同じく人気の尾根ですが、週末のこの日でも登っている登山者は10人前後くらいとその割には静かな登山が出来ました。



          登って来た尾根と奥に戸隠・妙高・火打方面
IMG_11721.jpg



いよいよ五竜の武田菱が見えて来ました



IMG_11741.jpg



IMG_11771.jpg




IMG_11791.jpg



今日の一応の目標の小遠見が近くになって来ました。



IMG_11841.jpg



IMG_11851.jpg



IMG_11881.jpg



          五竜・唐松
IMG_11891.jpg



          白馬方面は青空も出て来ました
IMG_11911.jpg



この道は何度か登ったことはありますが、こんなに急登だったけ なんて思いながら登っていました。




IMG_11981.jpg



IMG_11941.jpg



IMG_12111.jpg



IMG_12151.jpg



IMG_12221.jpg



一応今日の目標の小遠見に着きました。先行者の方々も殆どがここまでのようで、私もここまでとして、風を避けてダイナミックなこの景色を眺めながら食事にしました。



          山頂より五竜方面
IMG_12461.jpg




          山頂より鹿島槍
IMG_12231.jpg



IMG_12601.jpg



IMG_12541.jpg



ここは花と岩のあこがれの場所
見果てぬ夢を追いながら
あの真っ白い雪の尾根を追いかけた
雪の故郷 私も若き日の心一途に
歳老いて未だに、この山並みに憧れ
さまよう、想い出の宝石箱を追いながら



IMG_12681.jpg




IMG_12571.jpg




今日は冬の雪景色を充分に楽しみました。
流れ行く雲 尾根の雪景色
寂しそうに、夢見るように迫って来る残照
インレッド残照録も
生きる灯になれば嬉しい




IMG_12641.jpg





アクセスカウンター

谷川岳の高倉山・湯蔵山  2020/2/8日

この飛び石連休の天気は関東地方以外は、あまり良くないようなので、雪時々晴れの予報の谷川に行くことにしました。
谷川にと言えば当然山登りですが、今日はちょっと趣を変えて、登る では無く降りる登山です。



          高倉山へ登るてるてる坊主さん
IMG_1030.jpg



たぶんほとんどの方はロープウェイ駅から右に谷川岳へと登りますが、今回は左側の高倉山から湯蔵山に行き、谷川温泉方面のホワイトヴァレー スキー場に降ります。勿論登山道は無く、ここを歩いた方はあまり居ない山域と思います。
今日は朝から粉雪が舞い、時々ブリザードのように雪が舞い上がります。コンデジのカメラにはファインダーが無く、液晶はほとんど見えず、適当に感で撮っています。




IMG_1029.jpg




このコース(登山道はありません)には以前に まきまき さんと、今回同行の てるてる坊主 さんの奥方を連れて登ったことがあります。



          高倉山 山頂付近
IMG_1032.jpg




その時に てるてる坊主 さんの奥方が、ここを降りるのは怖い と言うので、持ってきたザイルを使い降り、この尾根はたぶん、女性では最初の登山者と思うので、頑張れ と励まして降りた所です。



          奥の高い山がこれから登る湯蔵山です
IMG_1035.jpg



こんな急下降の尾根で、この間10枚ほど撮りましたが、M(マニアルモード)で撮ってしまい、皆ブレブレの画像になってしまいました。



IMG_1041.jpg



こんな尾根ですから、登山者は一人も居ずラッセル続きだと思っていたら、幸いにホワイトヴァレー方面から途中でテン泊して来たと言う若者5人連れが登って来て、お陰様でラッセルの苦労が半減しましたが、吹雪のようなブリザードでそのラッセル跡も時々隠れてしまう道でした。




IMG_1036.jpg



IMG_1040.jpg



IMG_1042.jpg



IMG_1048.jpg



今日は私の車はホワイトヴァレースキー場付近にデポして、てるてる坊主さんの車で谷川ロープウェイ行き歩いています。




IMG_1049.jpg



          登って来た  降りてきた かな?? 高倉山方面
IMG_1050.jpg



IMG_1054.jpg



IMG_1056.jpg



IMG_1061.jpg



本当ならこの辺りからは谷川本峰から俎嵓・万太郎へ続く稜線が真っ白に輝いて見える筈ですが、今日は何も見えません。



IMG_1063.jpg



IMG_1066.jpg



IMG_1067.jpg



この稜線はあまり人が訪れない所のせいか、昔からの山の佇まいがあり、静かで好きな尾根です。




IMG_1069.jpg



IMG_1070.jpg



IMG_1072.jpg




もう一登りでやっと湯蔵山に着きます



IMG_1074.jpg



IMG_1075.jpg



IMG_1076.jpg



何の標識類もない山頂に、赤テープを付けて山頂の印とし、風を避けて昼食にしました。



          湯蔵山
IMG_1083.jpg



標高が低くなれば、今まで横に流れていた雪の簾が、雪の結晶をそのまま残して、羽毛のようにヒラヒラと舞い降りる静かな、どうしようもない静かな道になりました。



IMG_1084.jpg



IMG_1085.jpg



IMG_1087.jpg



冒頭で谷川を降りると書きましたが、この尾根は小さなアップダウンがたくさんあります。もうそろそ終盤ですが、まだまだアップダウンの尾根歩きが続きます。


IMG_1091.jpg



IMG_1095.jpg



IMG_1097.jpg




                下に湯檜曽か大穴スキー場付近かなー
IMG_1100.jpg



IMG_1102.jpg



IMG_1104.jpg



IMG_1109.jpg




さて やっとホワイトヴァレー スキー場に着きました。閑散としていて営業していないのかと思ったら、わずかにスキーやボードを楽しむ方が居て、何とか営業はしてるようです。その長いゲレンデを降りて、やっと今日の白と黒の墨絵のような登山??を終わりました。



IMG_1114.jpg



IMG_1115.jpg





アクセスカウンター

瑞牆山で展望を楽しむ 2020/2/1日

週末の天気は行きたい地方は雪や雨マーク、関東地方は晴れマークでどこに行こうか迷った末、久し振りの瑞牆山に行くことにしました。



          瑞牆山 山頂より八ヶ岳の赤岳方面
IMG_0986.jpg



凍り付いた道を通り、瑞牆山 山荘付近の駐車場に着きましたが、30台ほど置けそうな駐車場はすでに満車状態、端っこにやっと置いて、最終登山者となり登り始めました。



          登り始め
IMG_0947.jpg



IMG_0950.jpg



          途中より瑞牆山
IMG_0951.jpg



          途中より八ヶ岳
IMG_0953.jpg



富士見平を経て天鳥川を越え、いよいよ瑞牆山の岩々の急登になります。



IMG_0956.jpg



IMG_0957.jpg



IMG_0959.jpg


この山には今まで夏と今頃と2度ほど登っています、もう15年ほど前になりますが、その頃の感想としては、見た目よりは案外短時間で登れて、楽な山と言う印象でした、しかしながら今の年齢になるとやはりキツイと思える山でした。道が登り易い道ならば良いのですが、ガチガチに凍った岩々の道は大変苦労する登りでした。



          大ヤスリ岩が見えて来ました
IMG_0971.jpg



IMG_0969.jpg



日陰の裏側を大きく迂回して山頂に着きました。



IMG_0973.jpg



IMG_0974.jpg



既に皆帰ってしまった山頂で、お山の大将俺一人となり、青空の下の大展望を楽しみました。



IMG_0975.jpg



IMG_0976.jpg



          まずは近くの金峰山
IMG_0979.jpg



IMG_0984.jpg



          次に八ヶ岳
IMG_0977.jpg



IMG_0978.jpg



          そして富士も三つ峠の上に大きく
IMG_0981.jpg



IMG_0983.jpg



         逆光の南アルプス甲斐駒方面
IMG_0989.jpg



IMG_0987.jpg



今朝方は野辺山あたりを通る頃は-10℃くらいでしたが、天気が良くて風もなく、陽だまりで遅い食事にして、午後の3時頃夕暮れと競争しながら下山しました。



IMG_0991.jpg



IMG_1004.jpg



IMG_1005.jpg




最近は山に登るたびにキツく感じるようになりました。仕事もそうですが、キツイからこそ、そこからの楽しみもある訳ですが、時々は、もう顔も知らない母のそばに行っても、もう良いかい!! と思ったりもします。


           残照の瑞牆山 瑞牆山の瑞牆とは神の住む垣根のことだそうです、神様今日も有難う
IMG_1007.jpg



           夕暮れの 甲斐駒方面
IMG_1009.jpg





アクセスカウンター

プロフィール

インレッド

Author:インレッド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター