FC2ブログ
kinpu2323.jpg

紅葉の大渚山 № ⓶  2020/10/18日

鎌池を1周して次に大渚山に登ろうと思いましたが、通常ならば湯峠の登山口まで車で行くことが出来ますが、今回は道路工事中のため車で行くことが出来ません、鎌池付近に車を置いて林道を歩き始めました。



          大渚山の下山中より霧が開けてきた雨飾山
P1000883.jpg



今頃は丁度紅葉が見頃の頃で日曜日ですから、大勢の登山者が雨飾山に登るため、大きな駐車場はすでに満杯で、道路の右にも左にもたくさんの車が路駐していて、それが2k程にもなっていました。帰りにすれ違うことが出来ず、鎌池で写真を撮っていた方が帰ることが出来ずに困っていました。その為 帰りはゆっくりで良いと思い、のんびりと林道を歩いて登りました。



IMG_3314.jpg



          途中より今日 登る 大渚山
IMG_3316.jpg



湯峠の登山口に着きました。今日は富山から来たと言う4人連れの方が居ただけでした。



          湯峠の登山口
P1000901.jpg



          歩き始めの尾根の紅葉
IMG_3323.jpg



IMG_3324.jpg



IMG_3327.jpg



この山あたりも日本海のすぐそばですから、冬にはたくさんの雪が積もります。その為冬には登山者が下の古い山田旅館あたりからスノーシューなどを履いて登山する方が居ます。



IMG_3328.jpg



IMG_3330.jpg



IMG_3332.jpg



上部になると、そろそろ賑やかな紅葉の時期も終盤になり、やがて来る冬の寒さに、葉を落として雪の布団にもぐる準備でもしているようでした。



IMG_3336.jpg



IMG_3339.jpg



IMG_3346.jpg



山頂直下は急登になり、冬ならば木々も雪の下に埋まり真っ白い尾根ですが今はまだ紅葉が茂っています。



IMG_3353.jpg



IMG_3343.jpg



IMG_3350.jpg



IMG_3352.jpg



大渚山の東峰が近くになって来ました。



IMG_3357.jpg



IMG_3358.jpg



IMG_3359.jpg


霧に覆われてしまい展望の無い山頂に着きました。誰も居ないのでここで食事ににして次に西峰へと行きます。



          大渚山東峰山頂 奥は雨飾山なのですが見えません
IMG_3368.jpg



          登って来た尾根
IMG_3369.jpg



          山頂より戸隠方面
IMG_3360.jpg



東峰山頂から次に展望台のある西峰に行きます。その道は低い木々に覆われていますが、雪のある頃は真っ白い雪の平原になっていて、雪が強い風に飛ばされてスプーンカットになった雪の道でした。



          西峰山頂
P1000842.jpg



そばに展望台がありますからそこに登って見ましたが、展望が良ければ白馬や隣の朝日岳から栂海新道の尾根が見えるのですが今日は何も見えません。




           展望台より白馬から栂海新道の尾根なのですが 何も見えません
IMG_3371.jpg



さあ帰りましょう、道が混みそうなので、帰りも紅葉を楽しみながら、ゆっくり のんびりと下山しました。



P1000872.jpg



P1000873.jpg



P1000905.jpg



P1000909.jpg



長いブログになりましたが、最後まで読んで頂き有難うございました。






アクセスカウンター

スポンサーサイト



紅葉谷オフ会について緊急連絡

今週末に行く予定でしたが、今日現在(11月21日午後7時現在)。今週末の土日は曇りで降雨確立が30パーセントのようです。
紅葉は日差しが無ければ映えませんので、中止とさせて頂きます。



tokumei222.jpg



それでも行きたいと思う方はご自由にお出かけください



asama44.jpg



折角楽しみにしていた方には大変申し訳ありませんが宜しくお願い致します。



murakami33.jpg



現在 私もいつ行かは、まだ未定です。



momiji111.jpg




アクセスカウンター


南魚沼市の要害山 2019/2/24日

今年始めて登った新潟の里山、坊谷山(ぼたんやま)から眺めた時、近くの山で山頂付近の台地が真っ白に輝く山がありました。家で調べて見たところ要害山と言う山だと解りました。ところがそんな山なのにwebで調べて見ても、その山の記録は一つもありません、前回同様どんな山か解りませんが、楽しんで来ようと思います。




              登り始めの雪解けの田んぼより八海山
P2220124.jpg




要害山と言う名の山は全国にたくさんあります。私の住む群馬にも、みどり市に同じ名前の山があります。今回の山の記録は無く、地図には微かに登山道らしき線はありますが、標識類も踏み跡も無く、近くの八海山山麓スキー場のゲレンデを登れば簡単に登れそうですが、例によって登山者はリフトは勿論ゲレンデを歩くこともダメと言うつれないスキー場の返事です。その為、茗荷沢あたりから適当に登る事にしました。




P2220001.jpg



今日はスマホに登りやすい所をルートとして保存してあります。それを頼りに登っていますが、時々ルートを外れて歩き易い所を選びながら登りました。



P2220006.jpg




P2220010.jpg



P2220018.jpg



尾根に登り上げると展望も良くなって来ました。



P2220015.jpg



          これから登る尾根
P2220023.jpg




P2220025.jpg




P2220029.jpg



          私の好きな大力山の上部、黒禿の頭・笠倉方面かなー
P2220037.jpg



          振り返って登って来た尾根
P2220038.jpg



山頂も近くになってきましたが、細い尾根が待ち構えています。



P2220039.jpg



           その途中より振り返って
P2220041.jpg



山頂直下には僅かに30cmくらいしかない、落ちたら無事に帰れそうにもない、細いナイフリッジが3mほどあります。まだ雪が締まっていて固いので、四つん這いになり這うように越しましたが、帰る頃は無理かも知れません。



P2220049.jpg



その怖いナイフリッジを越えると山頂はすぐそばにあります。あの細いナイフリッジがこの山を守り、孤高の姿を残しているのかも知れません。



      山頂のすぐ下にも雪崩れそうな所が有りました
P2220052.jpg



ジャジャ ジャーンの山頂ですよ、こんな山があるから雪山は辞められません



P2220053.jpg




P2220054.jpg



P2220055.jpg



暖かい山頂で、越後三山を眺めて食事にしようか、私の好きな大力山や守門を眺め食事にししようかと迷いながら、もっともっと遅くに来て欲しい早春の眺めを楽しみました。



          近くのヨモギ山かな??、なかなか良い山のようです
P2220068.jpg



           大力山と上部の山々
P2220070.jpg



               そして身近にいつも逆光の越後三山
P2220080.jpg




P2220082.jpg



私の夢はいつも山に帰って行く
白銀の山へ 山の麓に咲く花々に
風の音を聞きながら
夕闇迫る尾根を
生きていて良かったと思いながら・・・



           駒ケ岳
P2220099.jpg




ここは雪の故郷
村人たちを嘆かせるように
激しく雪が降る
登山者には清い心を運んでくれる
優しい雪が降る・・・


         中ノ岳
P2220100.jpg



ここは私の故郷
忘れてしまった若き日の夢を
山なみの彼方に
新しい夢を探しながら
追いかける私の故郷・・・




          八海山
P2220095.jpg



想い出は少しずつ消えていく
淡い雪のように
白い雲のように
そんな想い出の中に
今はもう 会えない山友もいる・・・



            登って来た道は怖いので遠回りして帰ります
P2220079.jpg



街で出会って 次は
あの山を縦走しようと約束したのに
その約束を果たさずに
いつの間にか
流れる雲のように 
去って行ってしまった

今頃はきっと
白い尾根を
あちらの山で
追いかけているだろう



          振り返って 要害山
P2220105.jpg



P2220113.jpg



P2220119.jpg




道を何度か迷いながら1週して下山しました



P2220121.jpg



真っ赤に雪焼け 日焼けした顔が今日の楽しさを物語っているような、良い山でした。



P2220123.jpg



         後から登る方のために軌跡を残します、下山時は少し迷った跡もありますが
yougai222.jpg























尾ノ内渓谷・芦ヶ久保・三十槌氷柱を見て来ました。

2019/1/26日、秩父3大氷柱と言われる、尾ノ内・芦ヶ久保・三十槌の氷柱を見て来ました。まず群馬の神流町の叶山付近の白水の滝は氷柱になっているのだろうかと思い、今日の氷柱の旅はそこから始まりました。



          尾ノ内渓谷の氷柱
IMGP3089.jpg



叶山の麓の白水の滝は日陰の寒い所にある滝でしたが、まだ氷柱にはなっていませんでした。



          白水の滝
IMGP3058.jpg



神流町から志賀坂峠を越えて両神山の天理岳の山裾にある、尾ノ内渓谷に向かい、 まず尾ノ内渓谷の氷柱を見て来ました。



IMGP3068.jpg



IMGP3072.jpg




天気の良い土曜日ですから、見学者で賑わっているかと思いましたが、案外スムーズに駐車場に車を置くことが出来て、ゆっくりと眺められました。



IMGP3074.jpg




IMGP3076.jpg



ここの氷柱はアイスブルーが美しい氷柱でした。




IMGP3079.jpg




IMGP3084.jpg




IMGP3085.jpg




次に秩父を越えて横瀬町に入り、芦ヶ久保の氷柱を見て来ました。ここはすぐ近くを西武鉄道の電車が通っていて、駅にも近いせいか多くの観光客が見学していました。



IMGP3110.jpg




IMGP3097.jpg




IMGP3098.jpg



ここもアイスブルーが美しい氷柱でした。規模は尾ノ内渓谷の氷柱よりも大きく、結構見応えがありました。



IMGP3099.jpg




IMGP3103.jpg



IMGP3111.jpg



この芦ヶ久保からの道は以前に二子山や武川岳に行く時に通った事のある道ですが、今は殆ど記憶にありません、僅かに近くを通る電車の音に覚えがあるだけでした。



IMGP3112.jpg



IMGP3114.jpg



IMGP3113.jpg



IMGP3130.jpg




IMGP3132.jpg



車中で昼食にして、次に雁坂トンネルや三峰神社方面に行き、秩父湖付近の三十槌の氷柱を見に行きます。




          三十槌の氷柱
IMGP3142.jpg




IMGP3140.jpg



今までの尾ノ内氷柱や芦ヶ久保の氷柱は人工的に作られた氷柱ですが、ここの三十槌の氷柱は自然に浸みだしてきた水が凍った氷柱で、まだ少し細めの氷柱でしたが、私的には一番好きな氷柱でした。



IMGP3143.jpg




IMGP3145.jpg




IMGP3146.jpg




IMGP3147.jpg



かなり寒かったので一旦上にある売店に戻り、温かな甘酒を飲み、体を暖めました、まだ午後3時くらいなので、夕方5時からのライトアップには時間があり過ぎて、また下に降りて写真を撮り帰えることにしました。



IMGP3151.jpg




IMGP3153.jpg



IMGP3154.jpg




IMGP3156.jpg



今日は心身ともにブルーになりましたが、本当は山に と思っていたのですが、ドクターストップがかかってしまい山には行くことが出来ず、氷柱を楽しむ山旅になりました。




IMGP3159.jpg



IMGP3161.jpg




IMGP3162.jpg



天神山から高崎の花火 2018/8/4日

今年も懲りずに天神山から、高崎の花火を見ようと、夕方に三脚と飲み物を背負って登りました。夕闇迫る登山道には、街ではあまり聞かなくなった、ヒグラシゼミのカナカナと鳴く声が響き、こんな蝉の声も、昔を懐かしむようで良いものでした。

IMGP1093.jpg


毎年のように天神山から高崎の花火を眺め写真を撮っています。いつもは誰も居ず静かな山頂でしたが、昨年は珍しく私を含めて6人の方が居て写真を撮っていました。今年はどうかなー と思ったらいつものように私だけの静かな山頂で、爽やかな風に吹かれながら、開演7時40分を待ちました。

IMGP1051.jpg

IMGP1059.jpg

IMGP1101.jpg

IMGP1123.jpg

天神山は昔はノロシ場のあった所ですから眺めは良い所です、ここから花火会場までは、およそ4・5kありますのでスームレンズを300mmの望遠にして撮っていますが、なかなかピントが合わずに苦労します。

IMGP1053.jpg

IMGP1141.jpg

IMGP1189.jpg

花火が上がれば、腹に響く音が数秒ほど遅れて雷鳴のように、ここに届きます。一つ一つの音が、懐かしい友や、親兄弟の声のようで懐かしさを感じながら眺めていました。

IMGP1115.jpg

IMGP1146.jpg

IMGP1145.jpg

IMGP1163.jpg

今頃は祭りや花火大会が盛りのようで、反対側の山の奥の方からも花火の音が響いて来ます、高崎市内の祭りも山車が出て賑やかなようで、風に乗って祭囃子も微かに聞こえてきます。

IMGP1131.jpg

IMGP1144.jpg

IMGP1165.jpg

IMGP1178.jpg

花火は美しくて儚くて、そして懐かしさも感じられ、つい毎年見に来てしまいます。

IMGP1079.jpg

IMGP1084.jpg

IMGP1085.jpg

高崎の花火は1時間の間に1万5千発の花火が一気に上がります、特に最後の10分ほどは、バリバリと休む暇も無くあがり夜空を焦がします、その潔よさが私は好きなのです。

               最後の花火
IMGP1191.jpg

IMGP1182.jpg

IMGP1188.jpg

IMGP1187.jpg

IMGP1186.jpg

IMGP1192.jpg

IMGP1193.jpg

IMGP1199.jpg

高崎の花火は今年も華やかに終わりました。反対側の山奥からはまだ時々花火の音が聞こえてきて、その音を聞きながら、過去を振り返るのは止めようと思いつつ、今日もまた遠い昔を思いつつ、真っ暗な山道をヘッドランプを頼りに降りました。

IMGP1194.jpg

    なつかしさ 儚さもあり 遠花火

    山道を 降りながら聞く 遠花火
                       ・・・・・・シンタロー

IMGP1200.jpg



プロフィール

インレッド

Author:インレッド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター