FC2ブログ

久し振りに黒金山  2019/12/14日。

久し振りに川古温泉から赤谷川沿いに歩き黒金山へ登り、余裕があれば隣の大源太まで行って見ようと出かけました。



     林道途中より小出俣山方面かな
PC120001.jpg



     赤谷川沿いこんな林道を1時間半ほど歩きます
PC120004.jpg



PC120005.jpg



PC120006.jpg



赤谷橋近くになると雪の道になりました



PC120010.jpg



PC120011.jpg



赤谷橋に着きました。ここからは渋沢沿いにさらに1時間ほど歩きます



PC120012.jpg




     朽ち果てた道標のある登山口
PC120013.jpg




ここからが登山道になりますが、ジグを切って登る杉林の急登で踏み跡も薄い崩れそうな道です。



PC120014.jpg



PC120015.jpg



PC120018.jpg



          三国から大源太への中間あたりの山 三角山あたりかな
PC120019.jpg



PC120020.jpg



     奥に小出俣山に続くマツホド山あたりかな
PC120021.jpg



この道は昭文社の地図には「樹林帯の登りで、展望は無いが、道幅広く急登も無く、気分良く歩ける」と赤い字で書いてありますが、とんでもない大嘘つきです。最初は急な細いジグザグに切れた道で、山頂直下は鉄砲登りの急登が続きます。何度も何度も、昭文社の嘘つき!!と思いながら爪先上がりの急登を登りました。今まで紅葉の時期にだけ2度ほど登り勝手はある程度知ってはいます。時々古い見印テープがありますが、帰りが遅くになりそうなので、赤テープを付けながら登りました。



PC120022.jpg



PC120025.jpg



PC120026.jpg



          振り返って登って来た尾根  画像では解りにくいですが結構急な登りです



PC120023.jpg



PC120029.jpg



PC120030.jpg



PC120032.jpg


黒金山山頂直下になりましたが、天気予報通り雲がおおくなり、小雪がちらちら舞ってきました。もう既に2時半を過ぎ、ここから山頂まではさらに30分ほどかかります。展望もほとんど効かなくなり、かなり疲れて来ましたので、ここまでにして帰ることにしました。



PC120038.jpg



PC120036.jpg



本当は山頂から真っ白い雪を被った小出俣山や阿能川・谷川本峰などを眺めたかったのですが、下山の道はかなり急下降で道も解りにくい道ですから、せめて登山口までは見通しのきくまでに降りようと思いました。標高差1000m近い登りでしたので、足が久し振りに攣ってしまい、薬を付けながら降り、川古温泉に着く頃は夜の7時ころになり、小雪がみぞれになり、真っ暗闇の中、ヘッドランプを点けてやっと駐車場に着きました。



          山頂からこんな雪山の景色を眺めたかったのですが
PC120040.jpg



PC120041.jpg






アクセスカウンター

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

インレッドさんにしては・・・

遅めの出発でしたか?
<何度も何度も、昭文社の嘘つき!!と思いながら・・・>のくだりでは、失礼ながら吹き出しながら読んでしまいました!(^o^) あ! m(^o^)m
帰りの事もちゃんと計算されての引き返し・・・これが出来そうでなかなか出来ないと聞いています。
山は自然相手、無理は禁物ですね!

No title

宮星さん、今晩は。
そうですね登るのは、本当はもう少し簡単な他の山にと思っていたので
登るのはちょっと遅かったです。この日は登るのに夢中で昼食も
取らずに登っていました。そのため時間が無いので、帰りは
パンを食べながら歩いていました。

No title

標高差1000mの急登は大変ですね。おまけに解りにくい道
となれば尚更です。もうちょっとで山頂でも帰りを思えば仕方が
無いですね、等高線はやはり詰まっていますね。ここは下山に
使うのが良さそうです。

No title

以前平標山の家から大源太山を歩いた時に、分岐で川古温泉の標識を見ました。
改めて地図を見ましたが、川古温泉から黒金山までかなり距離も長く、急勾配で大変そうですね~
今頃の季節は日も短く、上越方面の天気は変わりやすいですね。
真っ暗闇のみぞれ降る中、お疲れさまでした。

No title

地図の嘘つき~(笑)
これはたまにありますね。
私は山頂ランチで下山というのを
モットーにしていますので
下山は早いです。
あまり長く歩かないからでもありますが。(^^)

No title

noriさん、今晩は。
そうですね、ここは下りに使った方が良い道ですが、そうすると
車まで戻るのにかなり大変です。ここは紅葉の頃はなかなか
良い山なのですが、久し振りに登って本当にきつかったです。

No title

orihimeさん、今晩は。
大源太から黒金山までは案外楽に来ることが出来ますが、そこから
先はちょっと大変です。ただ紅葉の頃はなかなか良い紅葉の景色に
なります。今回は他の山に と思って家を出たのですが、途中で
小出俣山あたりが真っ白に見えたので急遽こちらにしました。
今回はかなりキツク感じました、歳のせいかな??。

No title

nousagiさん、今晩は。
山頂でランチは私も同じですが、今回は登るのに夢中で食べている
間がありませんでした、そのため下山中にパンを食べながら降りる
始末で、そのために足が攣ってしまったのだと思います。真っ暗な
闇の中、ヘッドランプの先にミゾレ雪が絹糸のように映る寂しい
下山でした。そろそろ、もっと楽な登山にしなければ・・・。

No title

相変わらず厳しい登山をやっていますね。こんな道を真っ暗になって
降りるのは相当度胸がいるのではないでしょうか。たまには楽な
登山でもどうぞやってください。

No title

hanaさん、今晩は。
この日は本当はもう少し楽な山にと思っていたのですが、通りすがり
に見た小出俣山あたりが真っ白く綺麗だったので急遽こちらにしてし
まいました。時間を考えれば無理な登山だtろ思ったのですが、強硬し
てしまいました。次回は楽な登山にします。

No title

こんばんは。
川古温泉から黒金山ですか、登山口まで無茶苦茶遠いですね、楽な登山道とは地図もあてになりませんねー。雪まで降って来た暗い下山が大変だったでしょう。こちらの赤谷林道はまだ一度も足を踏み入れてません。いつか行ける所まで行ってみたいです。またまた真似して小黒檜山へ行って来ました。

No title

夢太郎さん、今晩は。
赤谷林道は毛渡沢を渡渉して登れば万太郎に行くことが出来て、
林道の終わったあたりから右に上れば小出俣山にも登れます。
沢も笹穴沢などの良い沢が上部にもあります。但し夏はヒルが
います。
プロフィール

インレッド

Author:インレッド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター