FC2ブログ

草紅葉の尾瀬アヤメ平  2019/9/28日。

ここの処 週末はいつも雨模様の天気で、今週末はどこに行こうかと迷いましたが、傘をさして紅葉見物ならば尾瀬が良いかと思い、もう草紅葉の始まっているだろと思われる、アヤメ平に富士見下から、長い長い林道を歩いて富士見峠から行くことにしました。



IMGP5212.jpg



          歩き始め
IMGP5089.jpg



この長い林道歩きにもたくさんの想い出があります。



IMGP5095.jpg



以前にトガクシショウマの花が見たくて、散々 本場の戸隠で探しましたが見付けることが出来ず、数年後に尾瀬の沢沿いに咲いていると聞き、燧の裏の方の沢まで探しても見付けられず、むなしく夜のこの道を歩いて帰りました。



IMGP5096.jpg



その数年後に桧枝岐村の民宿の方に咲いている沢付近の情報を貰い、またまたそのあたりの沢 数本を上から下の方まで察して、やっと午後の遅くに見付けることが出来ました、その時は嬉しくて意気揚々と真っ暗闇のこの道を降りました。



IMGP5117.jpg



IMGP5111.jpg



IMGP5120.jpg



今頃は草紅葉も良いのですが、紅葉の始まった田代原辺りの雰囲気も好きな所です



IMGP5138.jpg



IMGP5159.jpg



IMGP5158.jpg




今は営業していない富士見小屋に着きました、もうすぐで富士見田代から、アヤメ平に着きます。



IMGP5161.jpg



     富士見田代付近より燧
IMGP5172.jpg



IMGP5170.jpg



尾瀬の竜宮付近に降る長沢新道を越えてアヤメ平らにちょっと登ります。



IMGP5179.jpg



IMGP5190.jpg



IMGP5194.jpg



IMGP5202.jpg



今日はこんな天気ですから、鳩待峠からの方が二組ほど居ただけで、木道がどこまでも雲に続く道でした。



IMGP5214.jpg



         至仏方面
IMGP5210.jpg



            四郎岳・燕巣山と上に日光白根方面
IMGP5224.jpg



木道のベンチに座り、少し冷たい秋の風に吹かれながら食事にして下山。



IMGP5215.jpg



IMGP5225.jpg



IMGP5230.jpg




          富士見峠と言われている通り、遠くに富士が見えました
IMGP5236.jpg



真っ暗闇のこの道では、後ろからボソボソと人の声がしたり、暗闇の先にキラリと光る獣たちの眼が見えたりします。おまけに枯れた栃の木やクルミの大きな木の葉ガサガサと音をたてて落ちてきてビックリします。今日はアヤメ平だけで帰りますから、暗くならないうちに帰れます、例によってウオークマンからbluetoothで円い小さなスピーカーに好きな曲をいっぱい流して聞きながら降りました。




IMGP5239.jpg




IMGP5234.jpg





アクセスカウンター



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

尾瀬の草紅葉は良いですよね。
30代の頃に前職場の人と3人で行ったきりですけれど。
尾瀬でトガクシショウマが見られると知ってから、何年かずっと繰越しています。
まぁいつかは見に行きたいとは思っています。
天気予報とは違って、土日意外と良い天気でしたね。

No title

こんにちは。
アヤメ平の草紅葉が良い感じですねー、悪いと思われた割にはいい天気の様でしたね。至仏山や燧ケ岳の眺望はやっぱりアヤメ平が良いですね。
もう少し季節が進んだ秋の盛りに富士見小屋から三条ノ滝まで行きました。
滝を下の展望台まで行けなかったので少し残念でした。私は小屋泊まりで行きましたがインレッドさんは日帰りで行ってきたのでしたねー、すごい距離ですね。

No title

ここの草紅葉は天下一品ですね、なかなかこんな素晴らしいいろの
草紅葉は他では見られないと思います。
雲の多い日の割にはやはり画像が綺麗です。

No title

chiakiさん、今晩は。
尾瀬で始めてトガクシショウマを探した時は、本当に嬉しかったです。
もう時間切れ寸前の午後の4時頃でした、その後すっかり静かになっ
た尾瀬の木道をカッコウの声を聞きながら、長沢新道を登り真っ暗闇
の富士見下へ降りました。空には大きな星が輝いていて、その時の
光景は今でも思い出します。トガクシショウマの場所はその内内緒で
教えます。

No title

こんばんは! お久しぶりです。
尾瀬のアヤメ平~なつかしいです。 
夏にしかいったことがないので、秋にこんな風に静かに歩きたい。
「木道がどこまでも雲に続く道でした」がぴったりの表現でした。
ここの処、体の調子も良いので、いろいろ歩きたいと思っております。

No title

夢創歩さん、今晩は。
富士見下から三条の滝まではロングコースでアップダウンもあり
きつかったですね、もう一泊しないと行くことが出来ないと思います。
本当は天気が良ければ峠から白尾・や皿伏辺りまでと思い、ちょこっと
そちら方面にも行きましたが、途中fでポツポツ来たので止めました。

No title

noriさん、今晩は。
山が多いそちらでも、このような草紅葉は見られませんか
是非写真を撮りにお出掛け下さい、今週末なら更に見頃
かと思います。

No title

本読み さん、今晩は。
お久し振りですが、体調不良でしたか、これから年金を貰い
悠々自適な生活が待っていますから、大事にしてください。
八ヶ岳の麓で第2の人生はこれからですよ。

No title

アヤメ平の草紅葉の美しさは格別ですね。
私は鳩待峠からアヤメ平行きだったのですが、広大な草紅葉と静けさと景色の素晴らしさに感動しました。
再訪したいと思いつつ時が流れてしまいました。
いやあ、また行きたくなりました。
綺麗なお写真、ありがとうございました。

No title

orihimeさん、今晩は。
9月末頃に紅葉を見ようと思うと、近くではここか日光白根辺りにな
ります、ここは富士見下から登れば途中の田代原辺りも良い雰囲気
です。道中は少し長いですが急登があるわけではないので、ゆっくり
と楽しめます、今週末ならば更に見ごろになりますからお出掛け下さい。

No title

尾瀬の草モミジは見たことがありませんが、良い景色ですね。
それにこんなに静かな尾瀬は見たことがありません。木道が
雲まで続いているようです。

No title

インレッド様 こんにちは。
紅葉がずっと雲まで届きそうな素敵な風景ですね♪♪
秋は尾瀬へは登山してません、とても感動致しますねぇ~。

「トガケシショウマ」見たくて木道で出会ったビジターセンターの
方に聞いてみました、教えて戴けて”やっと会えました”会えた事に
感謝です、尾瀬に来て良かったぁ~♪♪

何事も思いつつ実行あるのみ??な、此の頃登山出来なくなり
”思い出って良いなぁ~”。。。
インレッド様のお言葉・画像が心に沁みます。
ありがとうございます。

尾瀬の紅葉風景「2020年カレンダー」に採用されますでしょうか。
来年のカレンダー購入致しましたで~す。
目の診察日○印付とかなくては。

週末の・・・

草紅葉が見頃の尾瀬が、こんなに人気が少ないなんて・・・信じられないくらいですね!?
まるでインレッドさんの貸し切りみたいですね?
え・・・と・・・尾瀬沼が写っているという事は、沼山峠から入られたのでしょうか?
だんだん富士山が見える季節になってきますね!

No title

hanaさん、今晩は。
このアヤメ平はこの時期案外空いていて静かな草紅葉を
楽しむことが出来ます。通常の紅葉も始まっていて今頃は
なかなか良い所です、是非お出掛け下さい。

No title

たかちゃん さん、今晩は。
もう来年のカレンダーを購入しましたか、早いですね、私もそろそろ
自作のカレンダーの画像を決めなくては と思いました。1年が
過ぎるのは早いですね。

No title

宮星さん、今晩は。
尾瀬沼はこの画像では映っていません。この林道は鳩待峠よりも
ずーっと北側の富士見下と言うところから登ります。3時間近く
林道を歩いて富士見峠に着きます。そのそばの富士見田代から
更にアヤメ平に登ります、そのあたりは標高が尾瀬沼や
尾瀬ヶ原より400mから500mくらい高い所なので早々と草紅葉に
なります。

No title

随分と秋の色が濃くなりましたね。
まだ、30度を超える日もあるというのに。(^^;)
アヤメ平はイワカガミが咲くころに一度行っただけですが
尾瀬はいつの時期もいいですね。

No title

nousagiさん、今晩は。
アヤメ平は標高が1950mくらいですから尾瀬ヶ原や尾瀬沼より
も400mから500mくらい高い所なので、毎年今頃は紅葉が始ま
ります。尾瀬rヶ原は大勢の人で賑いますが、こちらはいつも静
かで、ゆっくりと景色を楽しむことが出来ます。ぜひ又来て見て下さい。

No title

こんにちは、インレッドさん!

私も先月大清水から尾瀬沼一周ピストンしてきました。
草紅葉には早かったのですが、羊草の紅葉が綺麗でした。
去年はアヤメ平から大清水へ縦走しましたが、登山者が少ないですね。

私は、先週木曜から三泊四日で裏劔を縦走してきました。
夜中に雨が降りましたが、概ね晴れて最高の山旅となりました。
ピークハントこそありませんが、バリルートとしては屈指の登山道でした。
仙人池から見た八つ峰、仙人新道、雲切新道に感動しました。
剣沢は雪渓にクラックが入り、2か所計200m足らずの雪渓歩きしかなく、
そのうち日本三大雪渓から外れてしまうのではと危惧しました。

黒三ダム(仙人ダム)を抜け、水平道を歩き、85年前に沢山の犠牲者を出し
開発された登山道を踏み締め、工事関係者への追悼の意を強く感じました。

今日図書館に行き、吉村昭氏の『高熱隧道』を予約してきました。

No title

ゆーみん さん、返事が遅くになりました。
裏剣でしたか、良かったですね。今私が一番行きたい所ですが、家内が具合が悪いので泊まりでは行くことが出来ません。以前に仙人池や池の平の上の方にある赤谷山(あかたんやま)に馬場島からブラグナ谷・ブナグラ峠を越えて行ったことがあります。釼の大窓の下あたりの山で、釼を見るのには良い所です。早稲田大学のワンゲル部の方たちには

  ♪♪ 釼見るなら 赤谷山でよ 大窓 小窓にね 三の窓 よかねー
                   なんて歌われて いた山です。
 
プロフィール

インレッド

Author:インレッド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター