FC2ブログ
kinpu2323.jpg

野反湖より大倉山とシラネアオイ 2020/5/30日

大倉山と言っても多くの方には馴染みの無い山と思います、白砂山のすぐ西に八十三山があり昨年のゴールデンウィークの頃に登りました、その隣に真っ白い平らな山頂が聳えていて、いつかは登って見ようと思っていた山です。



          まず八間山の麓でシラネアオイを見て来ました
IMG_2579.jpg



IMG_2561.jpg



IMG_2571.jpg



IMG_2564.jpg



IMG_2572.jpg



朝日があたり、咲き始めたばかりの花々は瑞々しくて綺麗でした。



IMG_2557.jpg



IMG_2563.jpg



IMG_2569.jpg



まだ登山者は誰も居ない時間だったので、小鳥たちの歌声を聴きながら

五月晴れの早朝
山のふもとに咲きだした
薄紫に輝くシラネアオイ
心のシャッターを押し
カメラのシャッターを押す



IMG_2568.jpg



IMG_2573.jpg



IMG_2577.jpg



IMG_2578.jpg



IMG_2574.jpg



野反湖の白砂山への登山口から登り始めます。今朝は清々しい五月晴れの日で、少し冷たい空気が気持よい!!。先行者は数人いるようですが、殆どの方は白砂へ行くようでした。



IMG_2581.jpg




まずハンノキ沢を渡り、地蔵峠へと向かいます



IMG_2585.jpg



IMG_2587.jpg



地蔵峠に着きました。ここから今日は、白砂への道と分かれて、切明・秋山郷方面へと登りますが、ここからは初めての未知の領域です。



IMG_2589.jpg



旅の無事を賽銭を上げて祈ろうと思いましたが。財布はザックの下の方なので、出すのが面倒なため、ウエストバックに入っていたゴマセンベイを賽銭代わりにして拝みましたが、バチが当たらなければ良いのですが、それでもお地蔵さんは嬉しそうでしたよ。



IMG_2592.jpg



この地蔵峠を歩いた人で想い出すのは、秋山郷が飢饉のため多数の村民が亡くなったり、その村を捨ててこの峠を越えて上州に逃れてきた人達が居たことです。そしてもう一人上州権田村で隠棲していた小栗上野介の奥方です。



        遠くにこれから行く大倉山
IMG_2593.jpg



小栗は幕末の時代に幕府の勘定奉行や軍艦奉行などの要職に付いていました。鳥羽伏見の戦いで、兵力を充分に保っていながら、形勢不利とみた慶喜は側近と妾を連れて大阪城を脱出してしまいました。それを叱った小栗は慶喜に嫌がられて、免職になり権田村で隠棲していましたが、彼が居ては目障りと思った新政府軍に切腹させられました。



IMG_2632.jpg




それを予測していた小栗は夜陰に紛れて、身重の妻 道子さんを家来3名に守らせて逃がせました。身重の身でこの峠を越えて秋山郷に逃れ、さらに河合継之助が守る長岡藩へと落ちましたがその後、長岡藩も落ちて河合継之助らと共に最後の砦の会津藩へ八十里越えを通り落ちました。やがて会津藩も落ち、道子さんは生まれたばかりの女の子を連れ、旅芸人に紛れて江戸へと帰りました、その道子さんを救ったのが、NHKの朝ドラで「あさが来た」の波瑠の実家の三井商事の番頭でした。



 橋もない北沢を越えますが濡れるのが嫌なので、上流の渡渉出来そうな所を渡りましたがその上は、かなりの藪漕ぎでした
IMG_2600.jpg



           この藪を越えるのに一時間半ほどかかってしまいました
IMG_2602.jpg



            帰りのため赤テープお付けながら
IMG_2603.jpg



            やっと登山道に出ました
IMG_2605.jpg



IMG_2610.jpg



          奥の山が白砂山 左に八十三山
IMG_2613.jpg



           アップダウンが結構あり、雪の残る道もありました、
IMG_2616.jpg



IMG_2621.jpg




そろそろスマホの地図によると、右の尾根に取りつくようですが、もちろん登山道などはありません、雪が無ければ、やはりかなりの藪漕ぎになるようです。



IMG_2622.jpg



IMG_2623.jpg



          上は平たんなようですが、こんな尾根を登るようです
IMG_2627.jpg



この辺りに着いた頃、近くの野反湖の上部付近から雷の音がしてきました、そう言えば昨年に登った八十三山でも雷に会い急ぎ下山しました。この辺りは暖かな関東平野からと冷たい日本海の空気が混じりあうせいなのでしょうか。途中で藪漕ぎをしないで、シラネアオ見に寄り道をしないで、残雪が有れば、何とか山頂へと行けた思うのですが、今日は一応下見もかねて居ましたので、急ぎ食事をして下山しました。



IMG_2630.jpg



IMG_2631.jpg





アクセスカウンター

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おぉ!凄い群落の・・・

シラネアオイですね!
ここは純自生なのでしょうか?
鹿がいないとか?
やはり下草が伸びてくると、踏み跡のない山道は大変ですね!
山の雷の怖さは、奥只見湖でのキャンプで経験しました!(^o^;;;

そういえば野反湖のシラネアオイの季節ですね。
お世話をしてくださる学生さんもコロナの影響で入れずにいると思われるなか綺麗に咲いていて良かったですね。
山での雷は怖いですね。
流石のインレッドさんも退散でしたか。

No title

宮星さん、おはようございます。
ここのシラネアオイは元は少ししか自生していなかったのですが、地元の中学生たちがボランティアで植生して増えました、今ではここの名所にもなっています。大倉山は残雪があれば苦労しないで登れるようですので、その内機会を見て登ろうと思っていますが、沢が渡れるかどうかが問題です。

No title

mikkoさん、おはようございます。
そろそろ山にお出かけください。体がなまってしまいますよ。青空の下や新緑の下を歩いていれば、それだけで気分が爽快になります。この山の隣で昨年の今頃、あの田中陽希さんと出会ったところですが、その時も雷が近くでなりだして怖かったです、山での雷はすぐ落ちて来るの怖いですね。

No title

いやー シラネアオイがこんなに咲いていると素晴らしい眺めですね、湖も
アルプスみたいな風景で良い眺めです。こんな道を身重で越えたのは
凄いですね、さらにあの険しい60里越とは、昔の人は健脚ですね。

No title

インレッド様 こんばんは。
八間山に上る前にシラネアオイ見に行き感動いたしました。
ぐるっと回り野反湖畔のベンチで休んでいました、好青年の方とお会いして
裏妙義の紅葉の時インレッドさんもご存じのゆうやけさんです。
帰る前にもう一度シラネアオイを見たくて行きましたね♪
またノゾリキスゲ咲く頃も楽しみました。行ってて良かったよかったです♪
インレッドさんの追っかけして本当に素敵な時間を過ごせました。
思い出のシラネアオイ見せて戴けて感謝いたします。
ありがとうございます。

No title

noriさん、おはようございます。
そうですね、こんな険しい道を夜陰に紛れながら歩いたのですから、
すごいですね、現在の登山靴を履いたり、様々な道具を使って歩い
てもかなり厳しい道です。ここmのシラネアオイは一見の価値が
ありますから、お出かけ下さい。

No title

たかちゃん さx、おはようございます。
ここのシラネアオイは一見の価値はありますね、湖の景色もなかなか
良くて、私も好きな所です。昨年あの田中陽希さんに出会ったのも
ここから白砂山への途中の尾根でした、堂岩山からは解れたのですが、
下山して登山口でまた出会った時でした。

No title

青空と湖と瑞々しいシラネアオイの花は本当に綺麗ですね、こんな時期にお陰様で爽快な気分になりました。それにしても歴史に詳しいですね、あの「あさがきた」も見ていましたが。こんな険しい所を、妊娠していて通りとは凄いと思います、そして旅芸人に紛れて江戸へなんて、まさに映画でも見ているようです。

No title

八間山のシラネアオイは何年か前に見ましたが、年々数が増えているようで見事ですね。
朝日に照らされて瑞々しく咲く花の群落、また会いに行きたくなってしまいます。

今回の大倉山も昨年登られた八十三山も、登山道が無く積雪期に歩く厳しいお山のようですね。
インレッドさんの歩かれた山を地図で辿るのが毎回楽しみです。
未知の領域に挑み続けているインレッドさんに敬服致します。

No title

hanaさん、今晩は。
そうですね、旅芸人の一座に紛れて江戸へなんて、映画の世界ですが事実なのです。それでもその後がまた凄いのです、横須賀の浦賀にドックがありますが、その造船所は小栗が作りました、当時の軍艦は全部輸入に頼っていて自国では作ることは勿論修理もできませんでした。日本の将来のためにはそれでは駄目だと思った小栗は幕府の要人達の猛反対を押し切ってドックを造りました。その後、日露戦争で当時世界一と言われたバルチック艦隊を東郷元帥率いる戦艦三笠をはじめとした艦隊が破りました、当時のヨーロッパでは有色人種の黒人や黄色人は下等な人間として扱われていましたが、極東の小さな島国がロシア軍を破ったことに世界中が驚き、黄色人の優秀さを世界中に知らしめました、したがって中国や韓国人も小栗には感謝しても良いかも知れません。道子さんが生んだ女子は、その後小栗を殺したはずの、政府から表彰されました。

No title

orihimeさん、今晩は。
シラネアオイは丁度満開になったばかりのようで瑞々しく大変綺麗でした。私は人があまり登っていない山を探して、その山が良い山だと達成感があり、思わずヤッターと思ってしまいます。そんな登山が好きなのです。まあそれでもそろそろ歳なので普通の登山になりそうですが・・・。大蛇倉山も御巣鷹の墓守の黒沢さんに会った時、登りたい山だがまだ登っていない と言っていたので墓参りに行ったついでに登って来ました。それでも何度も登りたい山とは思いませんでした。
プロフィール

インレッド

Author:インレッド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター