FC2ブログ

久し振りに獅子ヶ鼻へ  2020/1/25日

以前は毎年のように登っていた山でした。途中で行き交う人も無い静かな山域で、秘境のような山奥に入ったと思わせる所でした。最近は麓の玉原スキー場からリフトに乗って登る方も居て、訪れる方も多くなり、暫く登るのは遠慮していましたが、久し振りに登って見ました。



           途中より谷川方面
IMG_0812.jpg



IMG_0810.jpg



今年は雪が少ないようなので取り敢えず夏道の登山道から登って見ることにしました。



IMG_0896.jpg



IMG_0800.jpg



IMG_0801.jpg



踏み跡は全くなくラッセルがキツイので、ゲレンデに降りて歩くことにしました。



          鹿俣への登り
IMG_0815.jpg



          振り返って玉原湖方面
IMG_0816.jpg



通常の今頃ならば 鹿俣山の山頂標識はスッポリと埋まっていますが、今日は埋まっていません。



          鹿俣山山頂
IMG_0817.jpg



          これから登る尾根
IMG_0823.jpg



冬山の魅力は、真っ白い雪の清浄な眺めと霧氷や樹氷を眺める楽しみがあります。この山はその他に張り出した雪庇を見ながら登る楽しみもあり、好きな山域です。



IMG_0825.jpg



IMG_0829.jpg



IMG_0835.jpg



IMG_0832.jpg



今日は先行者3・4人くらいの踏み跡があります。最初はツボ足でしたが、やはりスノーシューを履いて歩きました。



           これから登る尾根と右に 武尊の剣ヶ峰
IMG_0831.jpg



今日は先日買ったばかりの、コンデジで初めて撮っています。中古で買ったコンデジですが、出たばかりの頃は10万を超える、かなり高価なコンデジでしたが、後継機種が出て安くなり、しかも中古でB品で(かなり使い込まれたためかな??)ですから、2万円ちょっとで購入しました。センサーが一眼カメラと同じで、レンズが明るいレンズなので、写りは良いと思います。そのため中古でもかなりの人気で、ウェブに出ればすぐに売り切れになってしまうカメラですが、如何でしょうか??



IMG_0836.jpg



荒れ狂う波のような雪庇が見えて来ました。あの上を歩くのはちょっと怖いので下を巻いて登ります。



IMG_0839.jpg



IMG_0847.jpg



          途中の尾根より谷川の朝日岳~巻機山へ続く稜線
IMG_0846.jpg




          越えてきた雪庇
IMG_0849.jpg



          奥に子持山・榛名方面
IMG_0851.jpg



最近はすっかり足腰が弱くなりました。今日も少し疲れて来ましたので、単独の気楽さで、獅子ヶ鼻の手前のピークに着きましたが、この辺りで、食事をして展望を楽しみ下山しようと思います。



          手前のピークより左から 沖武尊 獅子ヶ鼻 剣ヶ峰
IMG_0853.jpg



          沖武尊・獅子ヶ鼻
IMG_0860.jpg



          剣ヶ峰
IMG_0859.jpg



武尊の左には私の大好きな利根川源流の山々が真っ白に聳えています。普段はこちらからでは中々見られない山域で、想い出もたくさんある所です。首を骨折したのも、あの山域でした。



          笠ヶ岳・朝日岳から巻機に続く稜線
IMG_0864.jpg



          上記の画像の続きで、柄沢~巻機山
IMG_0865.jpg



           上記の続きで 三ツ石山~小沢岳・下津川山・越後沢山方面
IMG_0866.jpg



          下山中よりの雪庇
IMG_0861.jpg



IMG_0862.jpg



IMG_0878.jpg



IMG_0880.jpg



IMG_0883.jpg



IMG_0884.jpg



IMG_0891.jpg



IMG_0894.jpg



今日も相変わらず美しい雪庇をイッパイ楽しみました。下の方には珍しい形のブナの木もあります、以前名づけたのが「ポンポコリン」でしたが健在でした。



IMG_0873.jpg



IMG_0841.jpg



IMG_0871.jpg






アクセスカウンター

スポンサーサイト



展望の御岳山(新潟県堀之内町)  2020/1/18日

国境の長いトンネルを抜けると、田畑に雪の無い、もう春のような雪国の景色でした。いつものこの時期ならば、田畑には1m以上の雪が積もり、周りの山々も真っ白く輝いている筈ですが、今年の冬は殆ど雪は無く、山々も白と青のまだらの景色が広がっていました。



         登山の途中より、私の大好きな大力山とその上に黒禿・笠倉山あたり
P1160095.jpg



大力山のそばに、低山ですが、展望は大力山に負けないくらいの、御岳山があります。この地方の登山者には、かなり愛されている市民の山です。今年の新潟の山の初登りは、この山にしようと前から決めていましたが、天気がイマイチの日ばかりで、なんとか晴れ間のある日に と思っていましたが、今日も重い雲が垂れ込めていて、青空は期待できそうに無いような天気でした。



          登り始めの道
P1160009.jpg



P1160016.jpg



P1160018.jpg



通常の冬ならば真っ白い雪庇が出来て、周りの木々も雪の下になり、景色を眺めながらの、良い尾根歩きが出来そうな道ですが、今日は雪も展望もありません。



P1160027.jpg



P1160031.jpg



P1160033.jpg



雪が無くても、何とか晴れて来れば、越後三山などを眺めながらの楽しい山なのですが・・・



P1160041.jpg



P1160042.jpg



こここも展望は良さそうですが、帰りにはここから右に下ります

P1160044.jpg



御岳山が近くになってきました



P1160049 - コピー



P1160053.jpg




登り始めよりは少しは展望が開けてきましが、御岳山も晴れていれば素晴らしい展望の山のようです。


          山頂
P1160145.jpg



さて少しは展望が開けてきたので、さらに良い眺めのような「馬ノ背」からアンテナの立つ366m峰に行こうと思います。



     振り返って登って来た御岳山方面
P1160064.jpg



          馬ノ背あたり
P1160143.jpg



          下・上権現堂山方面
P1160073.jpg



          権現堂山から唐松山方面
P1160076.jpg



          左に守門 方面
P1160091.jpg




地元の年配の登山者に聞いたら、今までこんな雪の無い冬は初めてだ と言っていました。その方はこの先のアンテナのある所はさらに展望が良くなり、谷川や苗場・鳥甲山まで見えると言うことなので、早速くそちらの山まで行って見ることにしました。



P1160099.jpg



          大力山と上に笠倉山方面
P1160094.jpg



P1160110.jpg



          登って来た道
P1160112.jpg



P1160116.jpg



山頂でまったりと食事をしていたら、幾分か展望が良くなって来ましたが、苗場や谷川方面は雲の中でした。



          八海山
P1160119.jpg



          六日町方面
P1160121.jpg



          小出町方面
P1160124.jpg



雲の多いこの日でもこんな展望ですから、また良い天気の日に来てみようと思いながら下山しました。尾根にはたくさんのイワウチワの葉が大きく光っていてその頃も良さそうな山でした。



P1160154.jpg





アクセスカウンター


雲上の丘からの大展望  2020/1/11日

連休初日の土曜日は案外天気が良さそうなので、アルプスを眺める山にでもと思い出かけました。



          先日行ったばかりの烏帽子の上に針の木~唐松への北アルプス
P1110053.jpg




歩き始めは湯ノ丸スキー場付近から池ノ平方面への林道を歩きます。



P1110005.jpg



          西篭ノ登・東篭ノ登
P1110009.jpg



           まだ上部は霧氷が残っているようです
P1110011.jpg


        
P1110015.jpg



池ノ平の湿原の入り口に着きました。ここから右に湿原を回り込むように登ります。今日は先行者は山スキーの方と登山が一人いるようです。スノーシューを履いて後に続きますが、どこに行ったのか先行者は全く見当たりませんでした。



P1110016.jpg



P1110019.jpg



      八ヶ岳方面
P1110027.jpg



日陰は少し寒かったですが、日当たりの良い尾根は案外暖かく上着を一枚脱いで登りました。



P1110030.jpg


 
          南アルプス方面かな
P1110032.jpg



     奥は西上州の山かな
P1110033.jpg



P1110034.jpg



今回もジャジャジャーンですよ、先日登ったばかりの烏帽子・湯ノ丸の上に北アルプスがクッキリ ハッキリ



P1110035.jpg



P1110036.jpg



     湯ノ丸の右には妙高や手前に飯縄山までも
P1110037.jpg



思いもかけない程の展望にウキウキしながら登り、その名の通りの「雲上の丘」に着きました。



P1110060.jpg




     烏帽子・湯ノ丸・角間・根子・四阿山
P1110039.jpg


 
          烏帽子の上に爺・鹿島槍・五竜方面
P1110045.jpg



          根子・四阿山
P1110044.jpg



          槍・穂高方面
P1110046.jpg



こんな雪の山頂で、好きな烏帽子の上に、銀嶺に輝く北アルプスが眺められとは、その山のたくさんの想い出に浸れて、楽しい時間でした。



          烏帽子の上に五竜・八方尾根の上に唐松・白馬
P1110047.jpg



         妙高の下に飯縄山・黒姫・斑尾あたりかな
P1110048.jpg



          富士までも微かに見えました
P1110050.jpg



          一直線に並ぶ白い尾根は針ノ木から続く裏銀座の山々かなー??
P1110057.jpg



素晴らしい展望を眺め、一層美味しいランチにして下山しました。



          辛うじて残っていた霧氷と西篭ノ登
P1110058.jpg



P1110071.jpg



P1110073.jpg





アクセスカウンター

初登りは小浅間から浅間へ

我が家の蝋梅も3分咲きくらいになり良い香りが漂っています。正月は例年のことですが、箱根駅伝がある日は女房殿はテレビに夢中で、ろくに飯さえ作ってくれません、そのため、さっさと家を出て近くの山に向かいました。



IMGP6089.jpg



家を出るとき、どこの山に行こうかと考えながら車を運転していましたが、ちょうど浅間あたりが真っ白く見えたので、数十年振りに小浅間から浅間山付近まで行くことにしました。



          峰の茶屋からの歩き始め
IMGP6091.jpg



IMGP6092.jpg



IMGP6096.jpg



          小浅間はこの山の隣です
IMGP6097.jpg



          小浅間山頂より浅間山
IMGP6100.jpg



今日は5人ほどの登山者と会いました、山頂には2人ほど昼食をしていましたが、私はさっさと降りて次に向かいました。



          山頂より左に浅間隠、右に鼻曲山。間の奥に赤城かなー
IMGP6101.jpg



鞍部で風を避けて昼食、次に本峰に向かいますが、本当は噴火レベルが現在はレベル1ですから、浅間山頂より4k以内には立ち入ることが出来ません。ここからは自己責任で登りますが、黒斑が登っても大丈夫な距離ならば、同じ距離くらいまで行こうと思います。皆様には真似をしないように、お願い致します。



IMGP6106.jpg



          自分のツボ足の踏み跡と登って来た小浅間方面
IMGP6108.jpg



          結構急な登りになって来ました
IMGP6110.jpg



IMGP6111.jpg



IMGP6112.jpg



こんな急登を登っているときは、以前の映画「劔・点の記」の最後の頃に、やっと山頂付近が近くになった頃に、流れた曲がヴィヴァルディ「四季」の第3楽章でした、私も白い尾根の急登を登っている時などは、その曲とコレッリのサラヴァンドなどを想い出しながら登っています。



IMGP6113.jpg



          途中より草津白根方面かなー
IMGP6114.jpg



          浅間山本峰が見えて来ました
IMGP6116.jpg




ジャジャジャーンですよ、浅間と左に前掛山方面が美しくそびえています。


IMGP6122.jpg



         途中より草津白根から白砂山方面かなー
IMGP6123.jpg



IMGP6126.jpg



IMGP6128.jpg



家から近い山は、ゆっくりと歩いても時間に余裕があり、心にもゆとりがあって、良いものです。結構急登でしたが、のんびりと歩いていたので、本当ならばまだこの先まで行きたいくらいでしたが、黒斑よりもまだ100mほど遠いこのあたりで、降りることにしました。



            こんな景色を眺めながら降りました
IMGP6131.jpg



IMGP6132.jpg



IMGP6138.jpg

追記 登山口の峰の茶屋付近にクリーム色のダウンのジャンバーを
忘れた方 軽井沢警察署に届けましたので、ご連絡下さい。




アクセスカウンター

プロフィール

インレッド

Author:インレッド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター