FC2ブログ

展望の御岳山(新潟県堀之内町)  2020/1/18日

国境の長いトンネルを抜けると、田畑に雪の無い、もう春のような雪国の景色でした。いつものこの時期ならば、田畑には1m以上の雪が積もり、周りの山々も真っ白く輝いている筈ですが、今年の冬は殆ど雪は無く、山々も白と青のまだらの景色が広がっていました。



         登山の途中より、私の大好きな大力山とその上に黒禿・笠倉山あたり
P1160095.jpg



大力山のそばに、低山ですが、展望は大力山に負けないくらいの、御岳山があります。この地方の登山者には、かなり愛されている市民の山です。今年の新潟の山の初登りは、この山にしようと前から決めていましたが、天気がイマイチの日ばかりで、なんとか晴れ間のある日に と思っていましたが、今日も重い雲が垂れ込めていて、青空は期待できそうに無いような天気でした。



          登り始めの道
P1160009.jpg



P1160016.jpg



P1160018.jpg



通常の冬ならば真っ白い雪庇が出来て、周りの木々も雪の下になり、景色を眺めながらの、良い尾根歩きが出来そうな道ですが、今日は雪も展望もありません。



P1160027.jpg



P1160031.jpg



P1160033.jpg



雪が無くても、何とか晴れて来れば、越後三山などを眺めながらの楽しい山なのですが・・・



P1160041.jpg



P1160042.jpg



こここも展望は良さそうですが、帰りにはここから右に下ります

P1160044.jpg



御岳山が近くになってきました



P1160049 - コピー



P1160053.jpg




登り始めよりは少しは展望が開けてきましが、御岳山も晴れていれば素晴らしい展望の山のようです。


          山頂
P1160145.jpg



さて少しは展望が開けてきたので、さらに良い眺めのような「馬ノ背」からアンテナの立つ366m峰に行こうと思います。



     振り返って登って来た御岳山方面
P1160064.jpg



          馬ノ背あたり
P1160143.jpg



          下・上権現堂山方面
P1160073.jpg



          権現堂山から唐松山方面
P1160076.jpg



          左に守門 方面
P1160091.jpg




地元の年配の登山者に聞いたら、今までこんな雪の無い冬は初めてだ と言っていました。その方はこの先のアンテナのある所はさらに展望が良くなり、谷川や苗場・鳥甲山まで見えると言うことなので、早速くそちらの山まで行って見ることにしました。



P1160099.jpg



          大力山と上に笠倉山方面
P1160094.jpg



P1160110.jpg



          登って来た道
P1160112.jpg



P1160116.jpg



山頂でまったりと食事をしていたら、幾分か展望が良くなって来ましたが、苗場や谷川方面は雲の中でした。



          八海山
P1160119.jpg



          六日町方面
P1160121.jpg



          小出町方面
P1160124.jpg



雲の多いこの日でもこんな展望ですから、また良い天気の日に来てみようと思いながら下山しました。尾根にはたくさんのイワウチワの葉が大きく光っていてその頃も良さそうな山でした。



P1160154.jpg





アクセスカウンター


スポンサーサイト



雲上の丘からの大展望  2020/1/11日

連休初日の土曜日は案外天気が良さそうなので、アルプスを眺める山にでもと思い出かけました。



          先日行ったばかりの烏帽子の上に針の木~唐松への北アルプス
P1110053.jpg




歩き始めは湯ノ丸スキー場付近から池ノ平方面への林道を歩きます。



P1110005.jpg



          西篭ノ登・東篭ノ登
P1110009.jpg



           まだ上部は霧氷が残っているようです
P1110011.jpg


        
P1110015.jpg



池ノ平の湿原の入り口に着きました。ここから右に湿原を回り込むように登ります。今日は先行者は山スキーの方と登山が一人いるようです。スノーシューを履いて後に続きますが、どこに行ったのか先行者は全く見当たりませんでした。



P1110016.jpg



P1110019.jpg



      八ヶ岳方面
P1110027.jpg



日陰は少し寒かったですが、日当たりの良い尾根は案外暖かく上着を一枚脱いで登りました。



P1110030.jpg


 
          南アルプス方面かな
P1110032.jpg



     奥は西上州の山かな
P1110033.jpg



P1110034.jpg



今回もジャジャジャーンですよ、先日登ったばかりの烏帽子・湯ノ丸の上に北アルプスがクッキリ ハッキリ



P1110035.jpg



P1110036.jpg



     湯ノ丸の右には妙高や手前に飯縄山までも
P1110037.jpg



思いもかけない程の展望にウキウキしながら登り、その名の通りの「雲上の丘」に着きました。



P1110060.jpg




     烏帽子・湯ノ丸・角間・根子・四阿山
P1110039.jpg


 
          烏帽子の上に爺・鹿島槍・五竜方面
P1110045.jpg



          根子・四阿山
P1110044.jpg



          槍・穂高方面
P1110046.jpg



こんな雪の山頂で、好きな烏帽子の上に、銀嶺に輝く北アルプスが眺められとは、その山のたくさんの想い出に浸れて、楽しい時間でした。



          烏帽子の上に五竜・八方尾根の上に唐松・白馬
P1110047.jpg



         妙高の下に飯縄山・黒姫・斑尾あたりかな
P1110048.jpg



          富士までも微かに見えました
P1110050.jpg



          一直線に並ぶ白い尾根は針ノ木から続く裏銀座の山々かなー??
P1110057.jpg



素晴らしい展望を眺め、一層美味しいランチにして下山しました。



          辛うじて残っていた霧氷と西篭ノ登
P1110058.jpg



P1110071.jpg



P1110073.jpg





アクセスカウンター

初登りは小浅間から浅間へ

我が家の蝋梅も3分咲きくらいになり良い香りが漂っています。正月は例年のことですが、箱根駅伝がある日は女房殿はテレビに夢中で、ろくに飯さえ作ってくれません、そのため、さっさと家を出て近くの山に向かいました。



IMGP6089.jpg



家を出るとき、どこの山に行こうかと考えながら車を運転していましたが、ちょうど浅間あたりが真っ白く見えたので、数十年振りに小浅間から浅間山付近まで行くことにしました。



          峰の茶屋からの歩き始め
IMGP6091.jpg



IMGP6092.jpg



IMGP6096.jpg



          小浅間はこの山の隣です
IMGP6097.jpg



          小浅間山頂より浅間山
IMGP6100.jpg



今日は5人ほどの登山者と会いました、山頂には2人ほど昼食をしていましたが、私はさっさと降りて次に向かいました。



          山頂より左に浅間隠、右に鼻曲山。間の奥に赤城かなー
IMGP6101.jpg



鞍部で風を避けて昼食、次に本峰に向かいますが、本当は噴火レベルが現在はレベル1ですから、浅間山頂より4k以内には立ち入ることが出来ません。ここからは自己責任で登りますが、黒斑が登っても大丈夫な距離ならば、同じ距離くらいまで行こうと思います。皆様には真似をしないように、お願い致します。



IMGP6106.jpg



          自分のツボ足の踏み跡と登って来た小浅間方面
IMGP6108.jpg



          結構急な登りになって来ました
IMGP6110.jpg



IMGP6111.jpg



IMGP6112.jpg



こんな急登を登っているときは、以前の映画「劔・点の記」の最後の頃に、やっと山頂付近が近くになった頃に、流れた曲がヴィヴァルディ「四季」の第3楽章でした、私も白い尾根の急登を登っている時などは、その曲とコレッリのサラヴァンドなどを想い出しながら登っています。



IMGP6113.jpg



          途中より草津白根方面かなー
IMGP6114.jpg



          浅間山本峰が見えて来ました
IMGP6116.jpg




ジャジャジャーンですよ、浅間と左に前掛山方面が美しくそびえています。


IMGP6122.jpg



         途中より草津白根から白砂山方面かなー
IMGP6123.jpg



IMGP6126.jpg



IMGP6128.jpg



家から近い山は、ゆっくりと歩いても時間に余裕があり、心にもゆとりがあって、良いものです。結構急登でしたが、のんびりと歩いていたので、本当ならばまだこの先まで行きたいくらいでしたが、黒斑よりもまだ100mほど遠いこのあたりで、降りることにしました。



            こんな景色を眺めながら降りました
IMGP6131.jpg



IMGP6132.jpg



IMGP6138.jpg

追記 登山口の峰の茶屋付近にクリーム色のダウンのジャンバーを
忘れた方 軽井沢警察署に届けましたので、ご連絡下さい。




アクセスカウンター

素晴らしい霧氷の烏帽子岳  2019/12/28日

木曜日の26日に家の大掃除をしました。家の窓を綺麗にして、台所の換気扇を掃除、風呂のカビまで取りましたが、その最中に目まいがして倒れ、救急車で病院運に運ばれ、午後から翌日の金曜日の昼頃まで点滴をしていました。疲労が原因だったようで、点滴中に、ぐっすり眠っていたらすっかり元気になり、金曜日の午後には家に戻りました。暫くは安静にと医師には言われましたが、土曜日は良い天気で、せっかくこれまで続いた週一の登山を止めるのも残念なので、楽な山歩きなら と懲りもせず出掛けました。



          今日の山は良い景色でした
PC260134.jpg




近くの山で楽に登れる山ならば赤城あたりですが、先週に登ったばかりなので、次に霧氷が眺められ、楽な登山が出来る山ならば、この時期はやはり湯ノ丸・烏帽子あたりになります。キャンプ場あたりから水平道を歩き、小梨平あたりまでなら、楽な歩きで霧氷や雪の風景も良いだろうと、ゆっくりと家を出て歩き始めました。



PC260017.jpg



PC260022.jpg



ツツジ平への分岐を過ぎるあたりから深い雪の道になり、白い雪の別世界に入ったような気がしました。



PC260037.jpg



PC260038.jpg



昨日あたりかなり雪が降ったようで、モフモフの雪が40㎝くらい積もっています、3・4人くらいの先行者がツボ足で登っているようで、私はスノーシューを履いて歩き始めました。



PC260039.jpg



PC260042.jpg



PC260043.jpg



PC260045.jpg



PC260050.jpg



PC260051.jpg



この時期には毎年のようにこの山は歩いていますが、今年は特に積雪も多く、霧氷もガラス細工のようになり、樹氷はミニモンスターになっていて、その竜のような樹氷はなかなか良い風景で、今日は本当にラッキーでした。



PC260052.jpg



PC260054.jpg



PC260055.jpg



PC260057.jpg



PC260058.jpg



小梨平への道も青空に霧氷の木々が清々しい景色になりました。



PC260066.jpg



PC260069.jpg



PC260074.jpg



PC260075.jpg



今日は群馬の嬬恋村からでは無く、長野の東御市から地蔵峠へと来ました、途中の温度計は-8℃でしたから、
この辺りでは-10℃よりもさらに低い温度と思います。道路はかなり凍結していて神経を使いました。



PC260078.jpg



PC260081.jpg



PC260084.jpg



PC260086.jpg



一応今日の目標の小梨平が近くになってきました、今日は四阿山は雲の中で見えませんが、霧氷の景色はいつものことながら良い景色です。



PC260094.jpg



PC260090.jpg



PC260095.jpg



風の通り抜ける小梨平の鞍部で雪の壁に隠れて、暖かなポテトスープにパンを食べて、さあ帰ろうかと思いましたが、時間は午後一時を過ぎましたが、まだ疲れは無く、今日はこれまでに無い良い景色なので、ここは時間の許す限り上まで行くことにしました。



PC260104.jpg



PC260118.jpg



PC260120.jpg



PC260124.jpg



小烏帽子が近くになりました。かなり寒い気温で、ザックにぶら下げていたペットボトルのお茶も凍ってしまいました。


PC260130.jpg



PC260131.jpg



PC260137.jpg




         小烏帽子山頂
PC260139.jpg



        さてここから烏帽子に行こうかどうか迷いましたが、午後二時近くになりました
PC260141.jpg



烏帽子山頂方面は雲が多くなってきたようなので、ここまでにして帰ることにしました。



PC260140.jpg



PC260146.jpg




小烏帽子の奥に金峰と瑞牆の横に何とか富士も見え、北アルプスの槍や穂高も辛うじて眺められました。



PC260156.jpg



PC260159.jpg



         帰り道の風景
PC260178.jpg



PC260181.jpg



PC260187.jpg



今年もたくさんの山に登り、皆様からのアクセスも多くなりました、biglobeの頃は500人前後のアクセス数でしたが、FC2を主力にしてからは、1000人前後のアクセス数になりました。
 
       たくさんの方々に見て頂き有難うございました、来年も引き続き宜しくお願い致します。



PC260183.jpg



PC260211.jpg



          良い年をお迎え下さい



PC260212.jpg





アクセスカウンター

明けましておめでとうございます!

           あけましておめでとうございます!!


huji-2.jpg



いつも皆様には格別なる御ひいきにあずかり、大変有難うございます。
今年も皆様には一層良い年でありますよう祈ります。

          昨年登った山で撮った画像より今年もマイ カレンダーを作りました

          1月 (湯ノ丸・烏帽子にて)
1gatu.jpg


          今年の初夢より

私は山が好きだ、花の咲く山も好きだし、夏の清流を辿るのも、秋の紅葉も好きだ、しかし、まっ白い雪の積もる山は更に大好きだ、あのどこまでも続く銀嶺の尾根を一人でとぼとぼと歩くのは大好きだ。


          2月 (守門黒姫)
2gatu.jpg



そんなわけで、既に年金を貰う歳にもなり、もう働くのは嫌になり、念願の別荘??を持つことにした。別荘と大そうなことを言いましたが、本当は手作りのバラック小屋です。
それでも小屋からの山々の景色は、春には新緑の山の上に斑雪の残る山が見え、夏には青い遠嶺も見えるし、時々は蛍も飛んできます。秋には勿論、真っ赤に燃えた紅葉の山も遠く近くに眺められ、時々は山人の炭焼きの煙も眺められます。そして私の大好きな冬には、小屋の周りでも2・3mの雪が積もり、一面の銀世界になり、あちこちに動物達の足跡が残ったりしています。



          3月 (秩父大ドッケの福寿草)
3gatu.jpg



小屋の前には、近くでせっせと取ってきた薪がたくさん積んであります。前の庭には太陽光発電のパネルも20枚ほどあり、大枚をはたいて買った小さな蓄電池も備えてあります。僅か3部屋しかない部屋にはLED裸電球が一つづつあるだけですから、一日中太陽が出て日当たりが良ければ1週間は電気は持ちます。6畳の部屋にはダルマストーブが一つあり、手作りの椅子に座り、暖かい部屋で、隣の沢で冷やした、冷たい焼酎などを飲みながら、まったりと本を読んだり、好きな音楽をユーチューブで聴いたりして過ごします。幸い小高い土地なのでワイマックスでインターネットも見ることができますから、今浦島太郎にはなりません。



          4月 (沼田市 発知の地蔵桜)私が勝手に名付けた名前です
4gatu (2)



そして周りの木々が霧氷になり、一面の銀世界になって、一層寒くなってきたら、カンジキを履いて白い山に登り一日中遊んでいます。そんな生活をしていると、都会の塵もすっかり無くなり、歳を忘れて1年が過ぎて行きます。 食べ物は10kほど麓の阿弥陀堂のそばに住んでいる、このあたりの山の持ち主でもある、農家の熊吉さんから、お米だけは買いますが、一人暮らしですから、1ヶ月に10kもあれば間に合います。



          5月 (新潟県 当間山の残雪と新緑)
5gatu.jpg



時々はその熊吉さんが畑で作った野菜や、果物や卵まで持ってきてくれます。そのついでに熊吉さんと飲んだり囲碁や将棋をして遊び、時々はパソコンの使い方を教えたりしています。農繁期には、熊吉さんちの棚田に田植えを手伝いに行ったりもします。時々裏山の千之助さんの炭焼きも手伝い、出来たばかりの炭を2・3俵貰ったりもします。周りにはコゴミやコシアブラや好きなセリや茸など、たくさんの山菜もあり、秋には柿や栗もありますし、大好きなクルミがたくさん採れますから、不自由することは何もありません。



          6月 (秩父皆野町付近の天空のポピー)
6gatu.jpg




大好きな冬は、空にはオリオンやその横には冬の大三角形の星々などが大きく輝き、軒下のドラムカンの風呂に入りながら眺めたりしています。そしてこれはちょっと内緒なのですが、木枯らしが吹き始め、周りのトド松や樅ノ木などが、それこそクリスマスツリーのように雪をかぶり、枯れた枝がガラス細工のような霧氷になるころ。粉雪が雪の結晶をそのままにして降ってきます。そんな凍るような寒い夜になると、小さな家のドアーをとんとんと叩いて、まっ白いワンピースを着て、透き通るような白い肌の美しい女性が訪れて来ます。



          7月 (群馬県川場村 薄根川川場谷)
7gatu.jpg



彼女は寒いのが好きなようなので、ストーブの火を消します、そうすると私は寒くて、寒くてダウンのロングコートを着ても寒くてたまりません、その為、ウイスキーやワインなどを飲んで体を温めますが、まっ白い肌の彼女も、最初は酒を飲んだことが無かったようでしたが、一度ワインを飲んでからはすっかり酒が好きになったようです、酒を飲めば体が温まりますから彼女は暑いのは苦手なようで、すぐに着ている物を全部脱いで私のベッドで寝てしまいます。私も一応男ですからちょっとは卑しい事も考えますが、そこは我慢をして床に布団を敷いて寝ます。



          8月(群馬県神流町の天空の百日紅)
8gatu.jpg



ところが火の気が無いので寒くて寒くてトイレに何度か起きてしまいますが、彼女の寝ているベットを見ると彼女は居ません。外に出た気配も無いのです。どこえ消えてしまったのか不思議ですが、粉雪が舞い寒い夜になると時々訪れて来ます。例によってストーブの火を消して、ショパンの夜想曲などを聴いたりして居たら、彼女は涙を流して聞いていました。このあたりの山の話をすると。彼女は私よりも良くこの付近の山の事は知っているようでした。そして酒を飲み体が温まると眠くなったようで、またまた着ている物を全部脱いでベッドに寝てしまいます。そしてどこに行ったのか、いつの間にか居なくなってしまいます。



          9月 (長野県飯田市 天空の下栗の里) 昨年は天空の・・・画像が多かった
9gatu.jpg



冬も終わりに近くなった、やはり寒い夜に、またまた彼女はやって来ました、私は意を決して、「貴女はどこから来てどこへ行ってしまうのですか」と尋ねて見ました。すると彼女は「私は本当は雪の精なのです、雪の結晶になって寒い日に空から舞い降りて来ます」  「貴方から美味しい葡萄酒を戴き、体が温まると、私の体は溶けて蒸発してしまうのです」と少し悲しげに、「今年もそろそろ暖かな春になりそうですから、きっとここに来ることが出来るのも最後かも知れません…今日はお別れに来ました」とすこし涙を流して話しました。



          10月 (紅葉始めの日光白根)
10gatu.jpg



「それではこれからどこへ行ってしまうのですか」と私が尋ねると。「霧になって寒そうな国に旅立ちます」と言っていました。「それでは貴女は春に咲く花も、夏の入道雲も、秋の真っ赤な紅葉も知らないのですか」と聞いたら、寂しそうにうなずいていました。「それなら福寿草や雪割草の写真をいっぱい撮って飾っておきますから、来年の冬も是非来て下さい」「そして葡萄酒を飲みながら山の話や音楽の話をいっぱいしましょう…山葡萄をたくさん採ってきて葡萄酒もいっぱい作っておきますからね」。 彼女は嬉しそうに、「はいっ」と言って喜んでいました



          11月 (群馬県桧沢岳)
11gatu.jpg




あなたが人間ならば、一緒に布団に入って寝て見たい」と言うと。「嬉しい!!今度、天に帰ったら天帝に頼んで人間にしてもらいたいと一生懸命に頼んでみます」と氷のような涙を流し、部屋を出て行き何度も振り返りながら,やがて霧になって空に飛んで行きました。彼女が去って、2週間くらい過ぎたころに、そばの萱ヶ平らでは福寿草が雪の間からたくさん咲き始め、その後に雪割草の白やピンクや薄紫の花も咲き始めました。



          12月 (榛名湖のイルミネーションと花火)
12gatu.jpg



山の奥にポツンとある私の一軒家は、そんな訳で結構楽しい 別荘なのです。今年もその寒い日が続くようになりました。早く雪の精の彼女が、人間になって来ないかと、今は心待ちにしています。



           おまけの画像  二王子山麓の春  パステル6号
          二王子111-2



       元日の浅間山
PC300001.jpg



           赤城鈴ヶ岳方面
PC300002.jpg



           ニューイヤー駅伝を走る1区の選手
PC300018.jpg




新年早々他愛のないことを書いてしまいましたが、飽きもせず本年も宜しくお願い致します。




アクセスカウンター


プロフィール

インレッド

Author:インレッド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター