FC2ブログ

霧氷の赤城 小黒桧方面から黒桧へ

2019/12/8日
師走となればやはり忙しくて、朝早くに起きて、遠くの山にはちょっと行き辛く、今頃ならば近くの赤城で霧氷でも眺めようと出かけました。黒桧あたりならば多くの方が登っていて、皆さんご存じの山と思います。赤城界隈の山で私がまだ登ったことの無い山は。小黒桧位なので、今日は登山道の無い、小黒桧に登って見ようと思います。



IMGP5884.jpg



帰りのことを想い車は五輪峠付近において、沼田方面に歩いて下り、適当な所から登り始めました、今日はずーっと膝くらいの熊笹の道でした。



IMGP5868.jpg



途中に作業道のような道もあり案外楽な登りかと思ったら、とんでもない思い違いでした。




IMGP5872.jpg



IMGP5873.jpg



IMGP5875.jpg



少し雪のある笹の道はアイゼンを履いていても案外滑りやすく、おまけに急な岩場も出て来て、木々につかまり岩場をはいつくばって何とか登り、写真を撮る余裕もありませんでした。



IMGP5876.jpg



IMGP5881.jpg



最初はスマホに入れた地図を確認しながら登りましたが、登れそうな尾根は少し小黒桧から離れているようです、かまわずに登りやすそうな尾根を拾って登りました。どのあたりに登り上げるのかちょっと解り難くなりましたが、適当に登り上げ、尾根に出れば解るだろうと、かまわずに登りました。



IMGP5882.jpg



IMGP5885.jpg



IMGP5883.jpg



今日は案外暖かくその割には風が強く吹いていて、大沼あたりから眺めた時、黒桧の山頂付近にちょっとだけ霧氷があるだけでしたので、霧氷はあまり見られないかと思っていたら。こちらは北面ですから案外寒く、綺麗な霧氷の登りになってきました。



IMGP5887.jpg



IMGP5890.jpg



IMGP5889.jpg




IMGP5891.jpg



IMGP5892.jpg



IMGP5893.jpg



日差しも出てきて一層美しい霧氷の尾根になってきました。今日 黒桧の登山口から登った登山者は、こんな良い霧氷はきっと見られなかっただろうと悦に入り、苦労した甲斐があったと思いながら登っていました。



IMGP5894.jpg



IMGP5895.jpg




IMGP5896.jpg




IMGP5898.jpg



IMGP5899.jpg



IMGP5900.jpg



IMGP5901.jpg



IMGP5902.jpg



登り上げた尾根は小黒桧と黒桧の展望台の鞍部でした。今日は遅い出発でしたので、このまま黒桧の展望台に登ることにしました。



IMGP5911.jpg



IMGP5913.jpg




さすがに黒桧の展望台に上ると7・8人くらいの登山者がいました。




          黒桧の展望台から武尊方面
IMGP5906.jpg




IMGP5908.jpg



黒桧大神に寄って黒桧登山口に降り、五輪峠に登って帰ります。



IMGP5915.jpg



こちらの尾根は全く霧氷はありませんでした。



IMGP5918.jpg



今日はちょっと冒険登山でしたが、結構面白い登山でした。






アクセスカウンター

スポンサーサイト



榛名湖のイルミネーション

榛名湖のイルミネーションは毎年見に行っていますが、最初の日(12/6日)だけ行われる花火は初めてでした。



PC040082.jpg



まずイルミネーションを見て歩きます



PC040030.jpg



レーザー光線が木々に映って綺麗でした



PC040027.jpg



PC040033.jpg



PC040040.jpg



PC040043.jpg



PC040044.jpg



PC040045.jpg



PC040046.jpg



湖畔の夜はやはりかなり寒く、各所に数か所、置かれたドラムカンの火にあたり暖をとったり、暖かな飲み物などを買って食べたりしていました。



PC040050.jpg



PC040051.jpg



PC040053.jpg



PC040055.jpg



PC040057.jpg



PC040061.jpg



榛名湖に映るイルミネーションもなかなか美しい彩でした



PC040062.jpg



PC040066.jpg



榛名湖で夏の花火は見たことがありますが、イルミネーション時の花火は初めてでした。通常の花火は上に上がりますが、このイルミネーション時の花火は横から上がります。



PC040072.jpg



PC040073.jpg



PC040074.jpg




夏の花火と違って湖畔の波に映る花火もなかなか良い景色でした



PC040081.jpg



PC040075.jpg



PC040076.jpg



PC040078.jpg



PC040079.jpg



PC040080.jpg




小さな子供を連れて嬉々として遊ぶ家族を眺め、我が家でもそんなことがあったなー と思いつつ帰途に着きました。



PC040068.jpg





アクセスカウンター

雪の平標山から二居ノ頭へ 2019/12/1日。

近くの山にも雪が積もったようで、我が家の小さな庭の蕾を付け始めたばかりの蝋梅に、メジロやシジュウカラたちが、その蕾をついばみ始めました。そんな訳でこの冬始めての雪山を楽しんで来ようと出かけました。




PB290046.jpg




平標山と書きましたが、その直下の1893m峰付近から左にそれて、1757m峰・1582m峰と降り、遠くに日白山あたりを眺めながら二居宿あたりに降りようと思います。



          まず鉄塔から松手山へと登ります
PB290007.jpg




今日は先行者数人のトレースがありますが、降ったばかりの新雪はやはり埋まります。




PB290010.jpg



          奥に鉄塔が見えて来ました
PB290011.jpg




登り始めの頃は30センチくらいの積雪でしたが、鉄塔付近になると40センチくらいになり、ふみ跡があっても少しラッセルになりました。



PB290012.jpg




PB290017.jpg




          苗場山を眺めながら
PB290013.jpg



PB290019.jpg



          奥に鉄塔が見えて来ました、
PB290018.jpg



鉄塔の下で一休みにしましたが、尾根に出ると北風がビョウビョウと唸りをあげて吹いて来て、一層寒くなって来ました。




          鉄塔付近より松手山方面
PB290020.jpg



松手山への尾根ではその寒さのせいか、思いもかけず美しい霧氷の中の登りになりました。



PB290021.jpg



PB290022.jpg



PB290023.jpg



PB290024.jpg



PB290025.jpg



PB290026.jpg



PB290028.jpg



PB290029.jpg



PB290030.jpg



PB290032.jpg



松手山への尾根に出るとさらに雪も多くなり、先行の登山者が次々に降りて来ました。7合目付近からは風が一層強く吹き付けて、歩くのも困難なようです。



PB290036.jpg



PB290038.jpg



PB290039.jpg



          松手山と後ろに苗場山方面
PB290044.jpg



          振り返って登って来た尾根
PB290045.jpg



平標山への稜線が見えて来ました



PB290041.jpg



PB290047.jpg



上の1893m??峰に登り、そこから平標山方面には行かずに、左の尾根を降りて、日白山などを眺めながら、二居宿に下山しようと思うのですが、風がやはりかなり強くなってきました。



PB290048.jpg



          平標山方面
PB290050.jpg



この辺りから北風がさらに強くなり、歩いては横に飛ばされ、2歩登っては1歩戻され、涙も凍り、鼻水も凍るような寒さになってきました。残念ながら危険を感じて来ましたので、この辺りで諦め下山することにしました。



PB290054.jpg



          上の尾根を降りる積りでしたが・・・・残念
PB290055.jpg



松手山から鉄塔あたりを降りる頃は、穏やかな初冬のような天気になって来ましたので、残念でしたが、霧氷に良い景色に会えたので、まずまずの初雪山でした。



           苗場山方面を眺めながら下山しました
PB290056.jpg






アクセスカウンター

回想 裏妙義紅葉谷

通称紅葉谷は20数年前から楽しんで来た道です。以前は中木沢を渡渉して波線の谷急山に登る人か、あるいは丁須から赤岩・烏帽子のチムニーや絶壁を経由して三方境から降りてやっと紅葉谷に着きました。そのためこの時期には、ほとんど通る人が居ない静かな道でした。



2017 666




始めてここで出会ったのは、赤岩・烏帽子を超えて来た、高崎駅前で料理屋をやっているという女性でした。その後デジカメやインターネットが普及して、ここの紅葉を「紅葉谷」と勝手に名前を付けてブログに出したところ、翌年には京都の女性や名古屋の神主さんの男性など、遠くからも来る方が多くなりました。




2017 444




その後映画のワンシーンにも、ここの紅葉が登場して一気に多くの方が訪れるようになり、ブログ仲間や山の仲間と「紅葉谷オフ会」として多数の仲間と楽しむようにもなりました。




2013.jpg



そんな訳でここの紅葉谷にはたくさんの想い出があります。



2015 2




桜花咲く山なれど
春永久に春ならず
平成の春過ぎ行きて
今 令和の秋なりし




2015 3




秋 玲瓏の照り紅葉
散るもはかなき枯れ落葉
はかなき命の人の世に




2015.jpg




朝な夕なに眺めたる
妙義の山に集い来て
語るも楽し幾十人




2014.jpg



歩く道は違っても
趣味は同じ人なれば
浅間颪もさやさやと




2017 22



優しき風に吹かれつつ
歩くも楽し今日の山
語るも楽し今日の山




2018.jpg




明日からは また一人旅
七色に輝く山探し
雲が流れて今年も暮れて
いずこの山で果てるやら
果てるも楽し山の道




          雪の日もありました
2016yu.jpg




賑やかになった紅葉谷は嬉しくもあり
また静かで、一日中ここに居ても
誰にも会うことの無かった
モコモコの紅葉が懐かしくもあります。




2016 (2)




          美人にも会いました
mikko.jpg




そんな訳で「紅葉谷オフ会」は終了したいと思います。
来年からは皆さまご自由にこの紅葉谷をお楽しみください。




2017 666



私事ですが、そろそろ80の坂も近くになりました。そのため
ちょっとした坂でもエンヤコラ ドッコイショと登らなければ
登れません。山登りを辞めるわけではありませんが、
歳相応の登山やブログになると思いますが、
今後とも宜しくお願い致します。



2017.jpg






アクセスカウンター

紅葉谷オフ会について緊急連絡

今週末に行く予定でしたが、今日現在(11月21日午後7時現在)。今週末の土日は曇りで降雨確立が30パーセントのようです。
紅葉は日差しが無ければ映えませんので、中止とさせて頂きます。



tokumei222.jpg



それでも行きたいと思う方はご自由にお出かけください



asama44.jpg



折角楽しみにしていた方には大変申し訳ありませんが宜しくお願い致します。



murakami33.jpg



現在 私もいつ行かは、まだ未定です。



momiji111.jpg




アクセスカウンター


錦秋の桧沢岳  2019/11/16日

今頃ならば例年のように、近くの妙義中間道の紅葉を楽しもうかと思いましたが、相変わらず大勢の登山者で賑わっているようなので、先日 仕事で上野村に行った帰りに、塩ノ沢峠を越えて帰りました。その時に眺めた桧沢岳の紅葉が良さそうでしたので、今日は静かな桧沢岳に登ることにしました。

          今日の桧沢岳の紅葉
PB140109.jpg



        下から眺めた桧沢岳方面
IMGP5856.jpg



桧沢岳には春のヤシオツツジの頃ばかり登っていて、紅葉の頃は始めてでした。



          今は無人の佐藤さんち前を通って行きます
PB140006.jpg



PB140014.jpg



PB140020.jpg



先日の台風のせいか、道は解りにくい所があり、おまけに迷った踏み跡があるため、何度か道を見失い、スマホの地図アプリで、間違っているのを確認して、正常な登山道に戻りながら登ったりしていました。



PB140024.jpg



PB140025.jpg



PB140028.jpg



PB140036.jpg



足元にも小さな紅葉がありました



PB140045.jpg



PB140046.jpg



PB140051.jpg



トラロープに掴まり、よじ登って西峰山頂に着きました。



PB140062.jpg



           奥に桧沢岳
PB140064.jpg



          隣の岩峰
PB140068.jpg



          これから登る桧沢岳方面の紅葉
PB140057.jpg



          麓の紅葉
PB140066.jpg



        桧沢岳1133m 山頂に着きました
PB140073.jpg


ここまで誰にも会いませんでしたが、山頂に兵庫から来たと言う65歳の男性がおりました。ここ1週間ほど下仁田の旅館に泊まり、天丸山や笠丸山・諏訪山などに登ってきたそうです。世の中には本当に山好きな方がいるようで、私も負けそうな人でした。

食事をしながら、山の話で盛り上がり、次に周回して下山しました。



          振り返って登ってきた桧沢岳方面
PB140078.jpg




紅葉の時期には登ったことが無い山でしたが、思っていたよりも素晴らしい紅葉の山で、今日はこちらの山を選んでよかった と思いながら歩いていました。



PB140080.jpg



PB140082.jpg



PB140086.jpg



PB140088.jpg



今日も好きな音楽をBluetoothで小さな丸いスピーカーに流し、
うっとりと聞きながら、心の中まで赤や黄色に染まり
楽しい登山でした。



PB140091.jpg



PB140093.jpg



PB140094.jpg



PB140096.jpg



PB140098.jpg



金銀綾錦、錦秋、などと紅葉を称えるいろいろと呼称がありますが、
今日の山は紅葉が光輝いている、照る紅葉でした。



PB140100.jpg



PB140101.jpg



PB140102.jpg



PB140103.jpg




PB140105.jpg



今日は今年一番の素晴らしい紅葉に出会い、楽しい登山でした
こんな良い景色を眺められる、この山の谷は、
私の第二の「紅葉谷」かな???。


PB140108.jpg



PB140106.jpg



PB140107.jpg




    いよいよ「紅葉谷」の時期になりました。23日の土曜日か、24日の日曜日のどちらか天気の良い日に
    行こうと思っています。旧国民宿舎を9時に出発予定です。尚 両日とも天気が良くない場合は中止と致します





アクセスカウンター

鹿沼の三枚石・方塞山 2019/11/9日

本当は今日登った山の下の方で、真っ赤な紅葉を見る積りでした。ネットで調べてみたら、紅葉の見頃は10月末から11月始めの頃と言うことで、遅いくらいかと思っていたら、まだ僅かに黄緑色の紅葉でした。



IMGP5752.jpg



手前から奥まで真っ赤かになるのですが
IMGP5750.jpg



古い橋の上からの眺めも良いのですが・・・



IMGP5753.jpg



まだまだ全体的にはこんな感じでした。
IMGP5751.jpg



この川の上流あたりをウロウロして近くの山に行きました。
IMGP5735.jpg



IMGP5736.jpg



ちょっとブレましたが河原に降りて
IMGP5749.jpg



早々に近くの山に行き、まず三枚石に登ります。



          登り始め
IMGP5758.jpg



IMGP5760.jpg



IMGP5762.jpg



山も上部になると、もう紅葉は終盤で、雰囲気の良い尾根で陽だまり登山になりました。



IMGP5766.jpg



IMGP5767.jpg



IMGP5769.jpg



案外静かな山で、行きかう人は3組のかただけでした。



IMGP5782.jpg



IMGP5784.jpg



大きな三ツの岩が重なっていることから、三枚石と言われています。ここで日光男体山を開山した勝道上人が西暦730年ころに座禅修行した所のようです。



     三枚石
IMGP5789.jpg



IMGP5785.jpg



IMGP5786.jpg



          こんな美人の弁天様もおりました
IMGP5803.jpg



美人の弁天様が弾く楽の音は枯葉の曲か、それとも華々しい紅葉の曲か、そんな曲を想像しながら、次に方塞山に登ります。




IMGP5793.jpg



          奥の山がこれから登る方塞山
IMGP5795.jpg



IMGP5796.jpg



初夏の頃には面白そうなツツジ平を経て、方塞山に着きました。



IMGP5800.jpg



          山頂より袈裟丸・皇海山方面かなー???
IMGP5801.jpg



           ツツジ類がたくさん咲く 隣の横根山
IMGP5799.jpg



陽だまりで背中を温め食事にして、下山開始、次に麓で見頃の紅葉を楽しみます。



          樹間の奥に男体山
IMGP5808.jpg



IMGP5811.jpg



IMGP5822.jpg



IMGP5827.jpg



足尾側の麓では丁度、紅葉は見頃のようで、鮮やかな紅葉にやっと会えました。



IMGP5828.jpg



IMGP5831.jpg



IMGP5833.jpg



IMGP5838.jpg



今年ももう立冬を過ぎました。地元の里山でもそろそろ紅葉が見られそうで、また楽しい時季になりました。



IMGP5840.jpg



IMGP5845.jpg



IMGP5847.jpg






アクセスカウンター

今年も紅葉の当間山に  2019/11/2日。

昨年のこの時期に行き、ブナのの黄葉があまりにも素晴らしく、2回にわたってブログを出してしまいました。そのため今年も又見に行くことにしました。



IMGP5598.jpg



今年も十日町のベルナティオ ゴルフ場の上のほうにある駐車場には1台の車も停まっていず、静かな紅葉見物が出来そうです。



IMGP5579.jpg




IMGP5583.jpg




IMGP5585.jpg



朝は逆光の日差しが紅葉の隙間から落ちてきて、その日差しを通した黄葉を見ながらの登りでした。




IMGP5590.jpg




IMGP5597.jpg




IMGP5609.jpg



今日は久し振りの穏やかな秋日和です。ここはそれ程急登は無く、体中黄色に染まりながらのんびり登山です。



IMGP5612.jpg



IMGP5616.jpg



IMGP5618.jpg



ここは広大なブナ林が続きますが、その割にはそれ程太いブナの木は無く、案外 細くてその割には背の高いブナ林です。



IMGP5625.jpg



IMGP5632.jpg



IMGP5636.jpg



1本杉を越えて少し降りになると。目指す山頂方面が眺められます



          これから登る山頂方面
IMGP5638.jpg




          山頂直下付近にある展望台方面
IMGP5644.jpg



          展望台の櫓
IMGP5646.jpg



         展望台より弥彦山方面
IMGP5648.jpg



         八海山方面
IMGP5649.jpg




山頂直下の「山親父」と言われているブナの大木のあるところに着きました。ここから山頂まではもう直ぐそばです。




IMGP5655.jpg




IMGP5653.jpg




山頂付近に着きました。周り中良い色に染まっているようです。




IMGP5660.jpg



IMGP5667.jpg




IMGP5668.jpg



IMGP5671.jpg




IMGP5677.jpg




山頂で太陽に背中を当てて、周り中の黄葉に囲まれ食事にしました。




          山頂

IMGP5674.jpg




          わずかに空いた山頂より 谷川~柄沢山より巻機山に続く稜線と下に飯士山
IMGP5675.jpg




少し周りを逍遙して下山しました




IMGP5680.jpg




IMGP5683.jpg



IMGP5698.jpg




帰りは順光ですから黄葉は一層華やかになってきました。




IMGP5700.jpg



IMGP5707.jpg



今回も長いブログになりましたが最後まで見て戴き有難うございました。



IMGP5709.jpg





アクセスカウンター

紅葉の船ヶ鼻から赤城五輪尾根へ  2019/10/26日。

相変わらず週末の天気はあまり良くなさそうです。そのため近くの山で紅葉を楽しむことにしました。春に登った時、秋の紅葉も良さそうだと思った、船ヶ鼻山から、更に私の好きな赤城の五輪尾根へと登って見ようと思いますが、船ヶ鼻から先は始めて登る尾根です。どんな紅葉が待っているのやら。


IMGP5528.jpg



駐車場には一台の車も停まって無く、今日も静かな登山が出来そうです。まず長い林道を歩いて登山口に着きます。動物よけの鐘を鳴らし、登り始めましたが、まだまだ下の方は紅葉はしていません。



          途中にある大楢の木
IMGP5416.jpg



大楢の木を過ぎてツツジ平らに登る頃、ちらほらと紅葉の木が見えて来ました。



IMGP5432.jpg



初夏にはたくさんのレンゲツツジが咲く つつじ平に着きました



IMGP5451.jpg



IMGP5453.jpg



つつじ平から緩やかに登って船ヶ鼻に着きました



IMGP5473.jpg



今日の紅葉見物はここからが本番になりますが、さてどんな紅葉が見られるでしょうか。



IMGP5483.jpg



今日はずーっと太陽に向かって逆光の紅葉を眺めながらの登山になりました



IMGP5489.jpg



IMGP5490.jpg



          右端の尖がり山は赤城の鈴ヶ岳
IMGP5495.jpg



IMGP5505.jpg



IMGP5506.jpg



心身ともに紅葉色に染まりながら、こんな絶景を贅沢にも独り占めでした。



IMGP5507.jpg



IMGP5511.jpg



IMGP5515.jpg



今日の赤城の黒桧や地蔵・荒山方面は大勢の登山者で賑っているようですが、そちらは既に枯葉状態です。そちらに行った方がこんな紅葉の景色を見たらきっと羨ましく思うに違いありません。「人の行く裏に道あり花の山」ですね。



IMGP5520.jpg



IMGP5521.jpg



そろそろ五輪尾根の薬師辺りが見えてきました。



IMGP5526.jpg



     奥に見える山が薬師あたりだと思います
IMGP5527.jpg



IMGP5530.jpg



このあたりからは、もうどちらを眺めても紅葉一色になり、私もその中にすっかり溶け込んでしまいました。



IMGP5532.jpg



IMGP5537.jpg



IMGP5538.jpg



IMGP5539.jpg



薬師への手前に眺めの良いピークがあり、そこで昼食することにしました。



IMGP5550.jpg



IMGP5549.jpg



IMGP5548.jpg



こんな景色を眺めながら食事にしました、右に地蔵、左に黒桧、下に五輪尾根
IMGP5553.jpg



IMGP5555.jpg



IMGP5557.jpg



お腹も満腹になり、最後にコーヒーを飲みながら紅葉を眺め、ここまでで充分楽しみましたので下山します。こんな絶景なのに、今日も会う人は一人もいない静かな山でした。



         上に鈴ヶ岳
IMGP5558.jpg



駐車場近くの林道はまだ濃い緑色のスギ林で、そんな色もなぜか新鮮でした。



IMGP5566.jpg





アクセスカウンター

三坂峠より白砂の途中まで・・・その②  2019/10/20日

№ ② より続きます。

てるてる坊主 さん 御夫婦に美味しい御馳走をたくさん戴き、明るくなってきた尾根の景色を楽しみに下山することにしました。



PA180225.jpg



PA180157.jpg



PA180160.jpg



PA180168.jpg



この稜線トレイルでは今まで登山者には一人も出会いませんでしたが、今日は珍しく単独3人の、いかにも山ヤさんらしい男性に出会いました。いずれの方も途中でテント泊のようです。



PA180175.jpg



PA180177.jpg



PA180179.jpg



PA180189.jpg



PA180192.jpg




青空も見えてきましたよ!!



PA180198.jpg



PA180197.jpg



朝は幽玄な紅葉を眺め、帰りには眼にも鮮やかな紅葉を眺め、今日はここにして良かったと思いながら歩いていました。



PA180210.jpg



PA180211.jpg



PA180212.jpg



PA180214.jpg



暑かった夏もいつの間にか過ぎて行き、もうすでに秋本番、1年の過ぎるのは本当に早いと思いつつ、秋は華やかに直ぐに終わり少し寂しい季節でもあります。このあたりの山にも、もうすぐたくさんの雪が積もり、人を寄せ付けない、豪雪の山になります。



PA180215.jpg



PA180216.jpg



PA180217.jpg



同行の てるてる坊主さん、 御夫婦もこの景色を眺め満足のようです



PA180233.jpg



PA180219.jpg



PA180220.jpg



PA180232.jpg



ここの紅葉は下の方が見ごろのようで、朝は霧で見えなかった紅葉も、良い色に紅葉していました。



PA180235.jpg



PA180236.jpg



PA180239.jpg



PA180241.jpg



PA180256.jpg



PA180258.jpg




         長いブログになりましたが、最後まで見ていただき有難うございました。



アクセスカウンター

プロフィール

インレッド

Author:インレッド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター